林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「質に入れる」、江戸っ子が使った隠語は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」-ことば検定プラス-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日は2020年7月10日に出題された復習問題です。
7月8日は、7(しち)8(や)の語呂合わせで、「質屋の日」です。

質屋の起源は古く、貨幣経済が発達してきた鎌倉時代にはすでに質屋の原型があったとされています。
さらに江戸時代には、一般庶民が質入れで当座をしのぐのが当たり前に行われてきました。

一方江戸っ子は、見栄っ張りでしたから「質に入れる」とそのまま口にすることを嫌いました。

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】
「質に入れる」、江戸っ子が使った隠語は?

【選択枝】
 投げる
 曲げる
■ 
結婚の決め手

スポンサーリンク

本日の解答は

 曲げる

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「質に入れる」ではなく、「父に似てる」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「質に入れる」の江戸っ子の隠語は「曲げる」】

「ことば遊び」が好きな江戸っ子

江戸っ子は「ことば遊びが大好きだ」ということは、これまでも何度も紹介してきました。

例えば、ある商売を「十三屋」といいました。
「十三」は、"9+4で13"です。
9と4で、「櫛屋(くし屋)」を指します。

では、質屋ではどうでしょうか?
質屋さんを数字で表すなら、やはり「七」ですよね。
実際、江戸時代には"七ツ屋"とも呼ばれていたそうです。

質屋の隠語は「曲げる」

そして、この「七」という字には、「十」の縦棒の下を曲げて「七」と書きますよね。
ということで、くだらないと思われるかもしれませんが、これが江戸っ子の粋な洒落ってものかも知れないですね。
正解は「曲げる」です。

さらに、明治の後半になると、質屋さんを「一六銀行」とも呼んだそうです。
なぜ"一六"なのか?
これはもう解説の必要はないですよね。

前回の「ことば検定プラス」

2020年7月10日に出題された時

2020年7月10日に出題された時

本日の出題

「お天気検定」
イルカの瞳孔の形は? 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事