【紅白歌合戦2022】紅組・白組 出演者予想 &結果 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

紅白歌合戦2022  紅組・白組出演者 大予想

 

12月31日大晦日の国民的番組「NHK紅白歌合戦」。
1年を締めくくるこの番組は、毎年大変な注目を集めます。
「紅白歌合戦」は、今年で第73回目を数えますが、まもなく発表される出演者予想をしています。

音楽大好きなファンが、いろいろなメディア情報とともに、この1年の活躍度、人気度を加味して、予想しています。
皆さんにとって、出場して欲しい歌手が予想リストに入っているでしょうか?
楽しんで見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

【紅白歌合戦2022】出演者発表はいつ

 

2011年以降、出演者が発表された日付を振り返ってみます。

2011年11月30日(水)
2012年11月26日(月)
2013年11月25日(月)
2014年11月26日(水)
2015年11月26日(木)
2016年11月24日(木)
2017年11月16日(木)
2018年11月14日(水)
2019年11月14日(木)
2020年11月16日(月)
2021年11月19日(金)

過去11年間で一番遅い発表だったのが、2011年の11月30日(水)。
そこから6年間は、11月下旬(21~30日)の発表が続きましたが、ここ5年だけに絞れば11月中旬(11~20日)での発表と少し早くなっています。

また曜日について、規則性は感じられませんが、月・水・木曜の発表が多いようです。
11年のうち、10回がその3つの曜日に絞られます。

 

こうした過去の傾向から見て、2022年「紅白歌合戦」出演者発表は…!?

 

紅白歌合戦2022 出演者発表日予想
11月11日~20日
その中で、14日(月)、16日(水)、17日(木)あたりに注目です
→2022年は11月16日(水)に発表されました

 

 

スポンサーリンク

紅白歌合戦2022 出場者予想

 

NHKの紅白出場歌手の選定基準は、「今年の活躍」、「世論の支持」、「番組の企画・演出」という要素により選出されています。

2021年 前回の出場者

 

まずは、2021年の出場者について振り返ってみます。

白組 紅組
KAT-TUN(初)
関ジャニ∞(10)
King & Prince(4)
郷ひろみ(34)
GENERATIONS(3)
純烈(4)
鈴木雅之(4)
SixTONES(2)
Snow Man(初)
DISH//(初)
BUMP OF CHICKEN(2)
氷川きよし(22)
平井大(初)
福山雅治(14)
星野源(7)
布袋寅泰(初)
まふまふ(初)
三山ひろし(7)
宮本浩次(2)
山内惠介(7)
ゆず(12)
藤井風(初)・・・12/24追加発表
AI(4)
あいみょん(3)
石川さゆり(44)
Awesome City Club(初)
上白石萌音(初)
坂本冬美(33)
櫻坂46(2)
天童よしみ(26)
東京事変(2)
NiziU(2)
乃木坂46(7)
Perfume(14)
BiSH(初)
日向坂46(3)
松田聖子(25)・・・出場辞退
MISIA(6)
水森かおり(19)
milet(2)
millennium parade×Belle(中村佳穂)(初)
薬師丸ひろ子(2)
YOASOBI(2)
LiSA(3)

*2021年は11月19(金)に出演者発表されました
*藤井風さんは12月24日に追加発表
*松田聖子さんは、直前で出場辞退されました

 

特別企画枠

□ YOASOBI with ミドリーズ「ツバメ」
□ 松平健「マツケンサンバII ザ・カラフルREMIX」
□「~ 明日への勇気をくれる歌 ~」
紅白×ドラクエ 東京都交響楽団
「序曲」「そして伝説へ -ドラゴンクエストⅢより-」
LiSA 「炎 -劇場版"鬼滅の刃"無限列車編主題歌-」
紅白×エヴァ 高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」□ ケツメイシ「ライフイズビューティフル」
□ 細川たかし「望郷じょんから」「北酒場」
□ さだまさし「道化師のソネット」

*企画枠の内容については、放送直前にならないとわからないことが多いです。

 

 

演歌枠の減少が止まらない

前回の大きな話題となったのが、安定の常連組とみられていた五木ひろしさんの不出場でした。
ここ最近の演歌枠の減少が止まりません。

 

ジャニーズ枠 7組から5組

ジャニーズ枠が2020年の7組出場から、5組に減少したのも驚きです。
ジャニーズファンが、これに大きく反応しました。
出場有力との予想だったHey! Say! JUMP、期待されていたジャニーズWESTが選考漏れになりました。

 

大物アーティストの不出場

Official髭男dismの不出場にがっかりされたファンも多かったと思います。
実力とその人気の高さは申し分ないアーティストですが、出演辞退されたという情報が流れました。

 

2021年紅白歌合戦の出場が有力視、または期待されながらも出場にならなかったアーティストは以下の通りです。

有力または期待も不出場だったアーティスト

【紅組】

  • Ado… 人気知名度とも抜群で有力というよりも期待度がかなり高かったが
  • Superfly…安定の連続出場期待も選ばれず
  • ウマ娘…ブームに乗ってそのファンが期待していたが
  • 緑黄色社会…有力視されていたが
  • 和田アキ子…一部のメディアが出場の可能性を報じて注目されたが

【白組】

  • Official髭男dism…連続出場間違いなしと期待も出演辞退という報道
  • 桑田佳祐…オリンピックイヤーで期待されたが
  • 優里…「♪ドライフラワー」で有力視されていたが
  • Hey! Say! JUMP…ジャニーズ枠減少のあおりを食った
  • なにわ男子…デビューが遅いも人気知名度から期待されたが
  • ジャニーズWEST…嵐が抜けた枠もあり期待されたが
  • Mr.children…連続出場ならず
  • back number…初出場の期待がかかるも
  • King Gnu…2回目の出場期待も
  • SEKAI NO OWARI…これまで5回出場の常連で毎回候補にあがるが

 

 

 

 

 

紅白歌合戦2022 白組出場者予想

それでは、2022年紅白歌合戦の白組出場予想です。
*昨年の出場者は22枠でした

 

出場者は11月16日(水)に21組が発表(氷川きよしさんは特別企画枠としての出場のため含めていません)
太字が出場歌手です。

予想リストになく出場が決まったのは、Official髭男dismでした。

Official髭男dismは、昨年出場がなかった時に、一部のメディアが出場辞退かと報じていたので予想できませんでした。

 

 

【◎最有力候補】

  • 関ジャニ∞
  • King & Prince…3名のメンバーの来年5月脱退退所報道を受け出場微妙!(11/9追加)
  • 郷ひろみ
  • 純烈
  • SixTONES
  • SnowMan
  • 氷川きよし←特別企画枠として出場
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 三山ひろし
  • Mr.Children
  • ゆず

 

 

【〇有力候補】

  • 安全地帯・・デビュー40周年イヤーで内定との報道も!?
  • JO1・・日韓合同オーディション番組から生まれた男性グループ。出場内定報道あり(11/12スポニチ)
  • Saucy Dog・・「♪シンデレラボーイ」ストリーミング累計再生回数1億回突破。出場内定(11/14サンスポ)
  • 三浦大知・・朝ドラ「ちむどんどん」主題歌「♪燦燦」
  • King Gnu・・人気実力ともに抜群!サッカーW杯カタール大会NHKテーマ曲を担当
  • 藤井風・・前回直前での出場決定もあって人気はさらに高まった←12/5追加発表
  • 矢沢永吉・・デビュー50周年 特別枠の出場有力も白組としても期待
  •  Da-iCE・・2021年日本レコード大賞受賞で実績十分 昨年出場期待も今年はどうか
  • back number・・10月スタートの朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌を担当で有力では
  • さだまさし・・朝ドラ「舞い上がれ」でナレーション担当

 

【△期待】

  • Vaundy・・サブスク再生7曲が1億回越え 10~20代で圧倒的人気。出場決定情報あり(11/13スポニチ)
  • BE:FIRST・・SKY-HYことAAA日高氏プロデュース男性7人組。出場決定情報あり(11/13スポニチ)
  • なにわ男子・・ジャニーズ枠数が気がかりも、初出場決定報道(11/16スポニチ)
  • マカロニえんぴつ・・昨年の出場候補もついに出場濃厚との情報
  • 桑田佳祐・・ソロ活動35周年の節目に年越し公演中の横浜アリーナからの中継出演に期待
  • GENERATIONS・・男性組グループとしての実績と存在感は大きい
  • 鈴木雅之・・常連組になりつつあるが今年はどうか
  • 山内惠介・・実績十分ですが、演歌枠の動向が気になります
  • 前川清・・朝ドラ「舞い上がれ」に出演で大御所の久々の出場に期待
  • 水谷豊・・一部メディアで出場の可能性を伝える
  • KinKi Kids・・デビュー25周年という節目でジャニーズ枠の目玉として期待
  • チューリップ・・デビュー50周年にして初の出場期待
  • 男闘呼組・・TBS「音楽の日」に出演して反響を呼び、一部メディアが候補との声
  • DA PUMP・・沖縄本土復帰50周年で沖縄アーティストとしてNHK出演も多かった
  • 加山雄三・・年内でのコンサート引退で紅白で歌手活動の集大成の出場の期待
  • 松平健・・前回は企画枠での出場も白組歌手としての出場を望む声も多い
  • 優里・・「♪ドライフラワー」で前回も有力候補だったが出場辞退だった可能性もあり
  • INI・・JO1など人気の高い男性グループの中での争いのため厳しい予想も期待
  • 藤井フミヤ・・今年は弟の尚之とのユニットF-BLOODが25周年を迎えている

 

 

 

 

紅白歌合戦2022 紅組出場者予想

次に、2022年紅白歌合戦の紅組出場予想です。
*昨年の出場は22枠でした(そのうち松田聖子さんが出場辞退)

出場者は11月16日(水)に21組が発表
太字が出場歌手です。

 

下記の予想リストになく、今回出場が決定したのは、ウタ(アニメキャラ)篠原涼子TWICEでした。
なお、ウタ(アニメキャラ)の歌声はAdoさんが担当とのこと。

 

【◎最有力候補】

  • あいみょん
  • 石川さゆり
  • 坂本冬美
  • 欅坂46
  • 天童よしみ
  • 東京事変
  • NiziU
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 日向坂46
  • 松田聖子
  • MISIA
  • 水森かおり
  • YOASOBI←出場辞退した模様(11/17スポニチ)

 

【〇有力候補】

  • SEKAI NO OWARI・・4年ぶりの出場で、初の紅組として決定という報道(11/15スポニチ)
  • IVE(アイヴ)…出場内定報道あり(日刊スポーツ11/8配信)
  • LE SSERAFIM(ル セラフィム)…出場有力との報道あり(日刊スポーツ11/8配信)
  • Aimer・・鬼滅の刃遊郭編オープニングテーマ曲「残響散歌」。初出場決定の報道(11/14スポニチ)
  • 緑黄色社会・・男女混成4人組バンド 結成10年目にして出場内定(11/13スポーツ報知)
  • 中森明菜・・デビュー40周年で出演打診も断念したとみられるという報道(11/12スポニチ)
  • 松任谷由実・・デビュー50周年 過去に出演要請を辞退したことあるが今年は出場有力か
  • 上白石萌音・・司会者候補でもあったが今年は萌歌さんとの姉妹コンビでの出場に期待したい

 

【△期待】

  • 工藤静香・・ソロデビュー35周年 1980年代のアイドルが脚光を浴び、24年ぶりの出場報道(11/16スポニチ)
  • Ado・・顔出しNGアーティストが出場ならどういう登場するかが見ものだが→ウタの歌声として出場
  • milet・・前回出場も今年はどうなるか
  • LISA・・今回はAimer出場有力とあってそこの1枠を争う状況に!?
  • KOH⁺・・柴咲コウがボーカルを担当する福山雅治による音楽ユニットで話題性十分
  • Superfly・・前回は出場を逃すも
  • 大黒摩季・・中高年世代のカリスマ的な存在で出場に期待
  • 小泉今日子・・デビュー40周年、今年NHKで特番が組まれているだけに企画枠での可能性もあり
  • 森山良子・・沖縄本土復帰50周年 「♪さとうきび畑」で出場期待
  • 宇多田ヒカル・・知名度の高いアーティスト出場は視聴率を上げるため重要な要素になる

 

 

特別企画枠&演出枠

 

毎年、この企画枠はNHKが出場歌手の選考にも負けないくらい、力を入れている様子が伝わってくるものです。
また、「紅白の目玉」になることも多く、その企画内容に注目が集まります。

 

前回は、世の中を明るく元気にして欲しいという視聴者の声が届き、 松平健さんの「マツケンサンバII ザ・カラフルREMIX」が登場。

また「~ 明日への勇気をくれる歌 ~」をテーマに、東京オリンピック開会式でも流れたドラゴンクエストの楽曲の演奏、人気アニメの中からLiSAさんが 「炎 -劇場版"鬼滅の刃"無限列車編主題歌-」、高橋洋子さんが「残酷な天使のテーゼ」熱唱。

五木ひろしさんの不出場でがっかりしていた演歌ファンが盛り上がったのは、細川たかしさんの「望郷じょんから」「北酒場」の熱唱でした。

 

【特別企画枠での出演を期待したいアーティスト】
紅組・白組としての出演者予想とダブりもあります。

  • 矢沢永吉
  • 松任谷由実
  • チューリップ
  • 加山雄三
  • 1980年代アイドル
  • 沖縄アーティスト
  • 松平健
  • きつねダンス
  • ウルトラマン

矢沢永吉
デビュー50周年 今年はメディアの露出度も多く「紅白の目玉」候補になりそう。
白組の出場歌手の期待もかかるが、企画枠での出場の可能性が高い
出場が決まれば、特別なステージを用意して大注目間違いなし

 

 

松任谷由実
デビュー50周年 矢沢永吉さんの特別枠出場が期待されるなら、松任谷由実さんにも期待したいです。
ここに来て、テレビに出演している姿をよく見かけます。
ただ、過去に出演要請を辞退したことがあります。
その時の辞退理由が「(大晦日は)おせち料理を作っている」という面白エピソードがあります。

 

チューリップ
矢沢永吉、松任谷由実さんとともにデビュー50周年を迎えて、一部のメディアで出場の期待と報じられる。
過去に出場辞退したという経歴を持ち、もし出場すれば初出場。
白組の出場歌手の期待もかかるが、企画枠としての出場になる可能性もあります。

 

桑田佳祐
ソロ活動35周年の節目に、年越し公演中の横浜アリーナからの中継出演に期待

 

 

加山雄三
年内でのコンサート引退で再出場の期待集まる
加山雄三さんのヒット曲メドレーや、谷村新司さんとのコラボで「♪サライ」を熱唱なら盛り上がること間違いなし。
前年度のさだまさしさんが両国国技館から中継で登場したような形での出場に期待。

 

 

1980年代アイドル
中森明菜さんのスペシャルライブを今年NHKで放送されたのが好評で、一部のメディアでは中森明菜さんに出場の打診をしたという情報が流れました。
合わせて、工藤静香さん、小泉今日子さん、藤井フミヤさんなどの名前があがるなど、1980年代のアイドルに注目が集まりました。
紅組、白組の出場歌手として期待されますが、もし漏れても企画枠として登場してくる可能性があります。

 

 

沖縄アーティスト
沖縄本土復帰50周年で朝ドラ「ちむどんどん」も放送されました。
その主題歌「♪燦燦」を歌った三浦大知さんは白組の出場者として期待されます。
それ以外にも、沖縄をテーマにした企画が組まれれば沖縄のアーティストが登場する可能性あります。

沖縄からの中継、それも首里城周辺からの中継で、「復興」をテーマにした企画に期待したいです。
朝ドラつながりのKiroro「♪Best Friend」があってもいいし、BEGIN「♪島人ぬ宝」、森山良子「♪さとうきび畑」、BEGIN&森山良子「♪涙そうそう」など、沖縄好きな人たちにとっても楽しい企画になるのでは!?

 

 

松平健
個人的には、2年連続の『マツケンサンバ』があってもいいと思っています
やはり、どうしても見たいし、見てしまうしまうから視聴率稼げます。

 

 

きつねダンス
プロ野球ファンならご存知の一大ブームとなっているきつねダンス
日本ハムを応援するファイターズガールのパフォーマンスに注目が集まっています。
企画枠ということではなく、出場歌手のバックできつねダンスを披露してくれると楽しいですね。
NiziUが出場したら、彼女たちのもコラボも楽しいです。

 

 

ウルトラマン企画
今年9月にNHK-BSプレミアムで「全ウルトラマン大投票」が放送されました。
紅白とは全く関係のないジャンルとはいえ、過去に「全エヴァンゲリオン大投票」が放送され昨年の企画枠で高橋洋子さんが「残酷な天使のテーゼ」を熱唱するなど、アニメファンを喜ばせました。
また、東京都交響楽団がドラゴンクエストの楽曲を演奏するなど注目を浴びました。
子どもたちの喜ばせる企画があってもいいと思います。

 

 

 

 

NHK紅白歌合戦2022 出演者・企画枠予想まとめ

 

やはり大みそかは「紅白歌合戦」を観ないと年が越せないという音楽ファンが、メディアから流れてくる情報とともに、この1年のアーティストの人気度、活躍度を加味して、予想してみました。

この出場者予想は、出場を当てたいという気持ちと、出場して欲しいという期待がミックスされたものです。
ですから、当たり外れについては温かい目で見ていただけると嬉しいです。

特に、企画枠・演出枠の予想は、見る人にとってはとんでもない内容の予想もあります。
ただ、まんざら的外れではなく、きちんとした理由をつけての予想になっています。

 

最後に、「紅白歌合戦」は、大晦日の夜、一家団らん、老若男女が、1つの番組を一緒に楽しく観れるような内容であって欲しいと望んでいます。
子どもたちから、若い世代、お父さんお母さん世代、そしておじいちゃんおばあちゃんたちが、それぞれに楽しめるよえになって欲しいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事