「日本人初の」アイスクリーム店で起きたのは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

「日本人初の」アイスクリーム店で起きたのは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今週は、「アイスクリーム」がテーマです。
日本人が氷ではなく、いわゆるアイスクリームを初めて食べたのは、いつかご存知ですか。
一番古い記録は、幕末の万延元年(1860年)にアメリカへ渡った遣米使節団によるものだそうです。
このとき一緒にアメリカへ渡った船の名前は、咸臨丸です。
勝海舟や福沢諭吉などが乗っていました。
そして、この咸臨丸に乗っていたとみられる人物が、明治2年に横浜で日本人として初めてアイスクリーム店を開いたそうです。
そこで、今回は日本初のアイスクリーム店で実際に起きたことはどれでしょう?
きょうの問題

「日本人初の」アイスクリーム店で起きたのは?

   -高価すぎて客が来ない
   -氷不足で閉店
   -彼は大金持ち

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -高価すぎて客が来ない

 

【本日の  のボケは?】

「にほんじんはつの」ではなく「にトン金やつの(にとんきんやつの)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「日本人初の」アイスクリーム店で起きたのは? 】

初めてアイスクリームを食べた航海日記

まず、初めてアイスクリームを食べた遣米使節団の1人・柳川当清の航海日記をご紹介します。

珍しきもの有(略)
味は至てあまく口中に入るゝに
たちまちとけて誠に美味であり。
これはアイスクリンと云

そこからは、驚きと感動が伝わってきます。

日本初アイスクリーム店で起きたこと

そして明治2年、横浜馬車道に開業したアイスクリーム店について、後の資料には「外国人はまれに店に入るが、日本人は眺めるだけで、店主は大損した」と書かれています。
日本人にはなじみのないもので、実は値段が高かったようです。
小さなガラスの器にひと盛りで、金二分。
明治の初めに、
かけそばが100杯食べられた値段でした。
というわけで、アイスクリームが広く一般の人の口に入るようになるのは、明治も終わり頃のことだったようです。
ということで正解は「高価すぎて客が来ない」でした。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
測候所があるのは北海道・帯広とどこ? 
「みんなのエンタメ検定」
山之内すず 今年を表す寿司ネタは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事