測候所があるのは北海道・帯広とどこ? 【お天気検定】
スポンサーリンク

測候所があるのは北海道・帯広とどこ?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

測候所があるのは北海道・帯広とどこ?

   -東京
   -和歌山・潮岬
   -鹿児島・名瀬

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -鹿児島・名瀬

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【測候所があるのは北海道・帯広と鹿児島・名瀬】


もともと1996年時点の測候所の数は、全国に96ヶ所もありました。
常駐職員が地震や気象の観測などを行い、上部組織の気象台に報告していました。
ところが、観測機器やデータ送信などの技術が進歩したことで、1996年から2010年までには94ヶ所が無人化されました。
無人化された場所は、近隣の気象台が受け持つことになりましたが、気象庁によると、帯広と名瀬は警報などの予報業務なども行うために、地方気象台では補えない範囲があり残されたということです。

 

[きょうの中継先]

神奈川・小田原市 江之浦測候所

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
山之内すず 今年を表す寿司ネタは? 
「ことば検定スマート」
「日本人初の」アイスクリーム店で起きたのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事