林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「かきつばた」、名前の由来は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス

「かきつばた」、名前の由来は?

 

「グッド!モーニング」 林修のことば検定プラス
ここでは「ことば検定プラス」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。
スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

2020年5月11日に出題された復習問題です。

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】

「かきつばた」、名前の由来は?

【選択枝】
 書きつける
 欠ける
 キーが抜けない

スポンサーリンク

本日の解答は

 書きつける

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「かきつばた」ではなく、「鍵詰まった(かぎつまった)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【かきつばた 名前の由来】

かきつはた 衣に摺り付け
ますらをの 着襲ひ狩する
月は来にけり         大伴家持「万葉集」

ここに出てくる「狩」は、薬狩と言って、春に薬草などを採ることをいいます。

ですからこの歌は

杜若を 衣服にこすりつけ
男たちが着飾って薬狩りをする
その季節が来た

という内容になります。

なぜ、杜若を衣服にこすりつけるのか?

実は、杜若の花は古くは染料として使われていました。
花の汁を衣服にこすりつけて染めていました。

そして、このこすりつける染め方を「書きつく」と言いました。
「書きつける花」ということで→「書き付け花」が「杜若」に変化されたとしています。

植物学者の牧野富太郎が実際にやってみたところ、白いワイシャツの胸元が、綺麗な紫に染まったそうです。

 

前回の「ことば検定プラス」

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)

□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンから問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事