ワインの「デカンタ」名前の由来に関係するのは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

ワインの「デカンタ」名前の由来に関係するのは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

 

今週のテーマはワインです。

「ワインが開く」という言葉は聞いたことがありますか?
ワイングラスをテーブルの上で揺らしている人を見たことありますか?
レストランでサービスしてる方とか、ソムリエさんとかがやってるイメージですね。

これは「スワリング」といって、ワインを開かせるためにやるのですが、特に、赤ワインは空気に触れることで、香りがより引き出されて、味もまろやかになって、美味しくなると言われています。
それが「ワインが開く」ということです。
実際特に古いものは、もう瓶を開けたばかりのときには、やっぱりちょっと違うなと感じ、だんだんと味わいが変わってくるんです。
ですから、レストランなどで、ボトルから「デカンタ」と呼ばれる容器に移すのも、空気に触れさせてワインを開かせる目的があるのです。
そこで、今日はその「デカンタ」の名前に関するものは何かという問題です。

 

きょうの問題

ワインの「デカンタ」名前の由来に関係するのは?

   -錬金術
   -水筒
   -この警察手帳誰の?

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -錬金術

 

【本日の  のボケは?】

「デカンタ」ではなく「刑事(デカ)んだ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【ワインの「デカンタ」名前の由来に関係するのは?】

語源はラテン語の「デカンターレ」


「デカンタ」を英語で言うと「decanter(デキャンター)」
フランス語では「decanteur(デキャントゥール)」と言います。
これらの言葉の語源は、ラテン語の「decantare(デカンターレ)」。
これが17世紀~18世紀にかけて、フランス語へ、そして英語へと入ったようです。

「デカンターレ」錬金術に使われていた

「decantare(デカンターレ)」の「de」は、"~から"という意味だそうです。
そして「cantare」は、"水差しの注ぎ口"といった意味だったようです。
ですから「decantare(デカンターレ)」は、「水差しの注ぎ口から注ぐ」という意味ですが、ただ注ぐだけではなくて、そうすることによって、上澄みの液体と沈殿物を分離することを表すんだそうです。
実際、赤ワインには「おり」が含まれていることが多いですからね。

そこで、ボトルからデカンタに移すことで、上澄みの液体、つまり「ワイン」と「おり」を分離するのです。

この「decantare(デカンターレ)」は、「錬金術」に使われていました。

これに薬品などを混ぜ合わせて、金を作ろうとしていたのです。
の際に、実験で使われた言葉だったのです。

ということで、正解は「錬金術」でした。

 

デカンターレ(ラテン語)
錬金術で薬品などを混ぜ合わせ
金を作る実験の際に使われた

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
アザラシが長時間潜れる理由。酸素をどこにため込む? 
「みんなのエンタメ検定」
有吉クイズ 長身の変装芸能人は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事