ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「セリフ」の語源は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今日は復習問題です

ことば検定プラス 今日の問題

「セリフ」の語源は?

【選択枝】
 競り合う
 迫り出す
 地球に生まれて良かった

スポンサーリンク

本日の解答は

 競り合う

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「セリフ」ではなく、「世陸(世界陸上)での織田裕二さんのセリフ」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「セリフ」の語源は?】

「セリフ」は、能や狂言の用語が一般化したものとされ、古くは「せれふ」とも言っていたようです。
江戸時代になって、歌舞伎でも使われ、一般に広まったと見られています。

セリフは、漢字では「台詞」と「科白」
この2種類を使います。
これらは2つとも明治になって、中国語があてられたものです。
中国では、"科"は"俳優の仕草"、"白"は"言葉"のことを意味するのです。

 

いずれにしても、舞台で生まれて言葉で、その語源は"競り言う"だとされています。
"舞台で競り合うように言い合う"という意味です。

そして「捨てゼリフ」という言葉がありますが、元々は役者がアドリブで言う短いセリフのことでした。
後に、"捨て"から「立ち去る時、相手の返事を求めず言い放つ言葉」という意味になりました。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事