白ワインのグラスが、赤ワインより小さい理由は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

白ワインのグラスが、赤ワインより小さい理由は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今週11月18日(木)は、ボージョレ・ヌーボーの解禁日です。
赤ワインと白ワインとでは、使うグラスが違います。
一般的には、白ワインはより小さなグラスを使いますが、その理由をご存知でしょうか?
きょうの問題

白ワインのグラスが、赤ワインより小さい理由は?

   -適温が違う
   -アルコール度数が違う
   -鍋、中身追加する?

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -適温が違う

 

【本日の  のボケは?】

「ワイングラス」ではなく「ないん?具足す?」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【ワインの赤白 グラス違う理由は? 】

ワインを楽しむための適温

赤ワインは、黒ブドウを使用します。
そして、白ワインは原則として、白ブドウを使用します。
また、赤は果汁だけではなく、皮や種も一緒に発酵させますが、白は先に果汁を搾って、果汁だけを発酵させます。
そこで、赤は独特の香りや渋みを楽しむことができる一方で、白はすきッとした酸味やフレッシュさが持ち味となります。
フレッシュさを楽しむには、飲む温度は低い方がよくて、白はよく冷やして飲みたいワインです。
渋みなどを楽しむ赤は、一般的には16~18℃が良いとされています。

一方で、白は10~12℃が適温だと言われています。

 

ワインの適温
赤ワイン・・・16~18℃
白ワイン・・・10~12℃

 

ワインの種類でグラスの大きさが違う

 

白ワインが温まってしまうのを防ぐために、小さいグラフを使用します。
赤白それぞれのワインの適温が違うから、グラスの大きさが違うのです。

一方で、アルコール度数は原料のブドウの糖度や発酵の度合いによって変わります。
赤が白かではなく、ワインの種類が違います。
ということで正解は、「適温が違う」でした。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
運び去られた書籍を足利学校に返還させたのは? 
「みんなのエンタメ検定」
林遣都 映画撮影で集中するときに聴くのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事