ベースボール「当初の訳語」の1つは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

ベースボール「当初の訳語」の1つは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

いつ日本に野球が入ってきたのは、いくつか説があります。
明治5(1872)年という説が有力で、現在の東京大学で、英語を教えるために来日していたホーレス・ウィルソンさんという先生が、学生たちに教えたといわれています。
ただし、野球という言葉ができるのはもう少し後のことで、最初は「ベースボール」と呼ばれていました。
この「ベースボール」を、当初はどう訳していたかわかりですか?
野球という言葉ができる前の、ベースボールの「当初の訳語」の1つはどでしょう?

 

きょうの問題

ベースボール「当初の訳語」の1つは?

   -打球おにごっこ
   -打球すごろく
   -富士山で一席

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -打球おにごっこ

 

【本日の  のボケは?】

「当初の訳語」ではなく「高所の落語」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【ベースボール「当初の訳語」の1つは? 】

ベースボール 野原でするから野球

明治時代に、第一高等中学校で名二塁手だった中馬庚という方がいました。
部の歴史を書くよう頼まれた彼は、ベースボールの訳語に悩んだ末、明治27年野球と訳しました。
このとき、野球という言葉が生まれました。
なぜ、野球という言葉を思いついたというと、「野原で球を打つ」ということからです。
その時すでに、庭球という訳語はありました。
テニスは、庭でするから庭球。
ベースボールは、野原でするから野球と考えたといわれています。

ベースボール「打球おにごっこ」

そのベースボールが入ってきたのが、明治5年。
中馬が、野球と訳したのが明治26年。
もちろん、その間にいくつかの訳語がありました。
明治18年、子どもたちに外でできるスポーツを紹介した本の「西洋戸外遊戯法」。
この本の中では、ベースボールを「打球おにごっこ」と
訳していました。
さらに、翌年の本には「打球鬼」と訳されて、ベースボールのやり方が紹介されています。

ということで、正解は「打球おにごっこ」でした。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
次のうち、白菜の保存方法で最も適切なのは?
「みんなのエンタメ検定」
なにわ男子 大西流星 ポーチに10個以上何がある? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事