ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「いかさま」、元々の意味は?
ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

インチキを意味する「いかさま」という言葉。
この言葉は、イカ墨が時間とともに薄くなることに由来するなどの説があるのですが、どうやらそれらは俗説で由来に生き物のイカは関係ないようです。

ことば検定プラス 今日の問題

「いかさま」、元々の意味は?

 

【選択枝】
 どのよう
 間違った
 正月は家族でオーストラリアへ

スポンサーリンク

本日の解答は

 どのよう

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「いかさま」ではなく、「一家サマー(いっかさまー)」だそうです。
オーストラリアは今の季節は夏ですね。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「いかさま」元々の意味は?】

「いかさま」を漢字で書くと"如何様"


たとえば、
平安時代の源氏物語。
この女君 いみじくわななき まどひて
いかさまにせむと思へり


この場合の「いかさま」を漢字で書くと「如何様」です。
この様は"様子のこと"で、この「いかさま」は、"いかがなな様子"、"どのような様子"ということになります。

この文は、「この姫君は、ぶるぶると震えおののいて、どのようにすれば良いかと惑い悶えている」という意味になります。

いかさま広辞苑最初の意味"どのように"


「いかさま」はその後、"いかさまにも"、"いかにも"などと使われるようになり、"
いかにも本当らしく見せかけたもの"を、「いかさまもの」とインチキの意味で使ったとみられています。

広辞苑にも、「いかさま」の一番目の意味として、"どのように"と載っていて、「いんちき」は2番目に載っています。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事