ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

秋を表す言葉では「ないもの」は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

秋を表す言葉では「ないもの」は?

【選択枝】
 爽秋(そうしゅう)
 麦秋(ばくしゅう)
 出来秋(できあき)

スポンサーリンク

本日の解答は

 麦秋(ばくしゅう)

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
今日のボケはありません

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【秋を表す言葉では「ないもの」は?】

今日ののボケているわけではありません。
「出来秋」は、れっきとした日本語です。
「出来」とは、稲の出来のこと。
「出来秋」とは、稲のよく実った秋の頃、実りの秋という言葉で秋の季語です。

「爽秋」は、文字通り空気が爽やかで、心地の良い秋のことで、手紙の時候の挨拶などで"爽秋の候"が使われます。
"爽秋の候"は、9月~10月に使われる挨拶ですが、旧暦の9月いっぱい(今年は11月15日が旧暦10月1日)、来週末11月14日までは使ってもよいとされています。
もちろん秋を表す言葉です。

「麦秋」は、"むぎあき"とも言って、麦が実る時期を表す言葉です。
麦が実る頃は、いつかご存知ですか?

たとえば大麦の種まきは、稲刈りが終わった時期、11月頃に行います。
春になると穂が出て来て、5月に色づき、6月に収穫するのです。
ですから、「麦秋」とは初夏の頃で、夏の季語なのです。

 

「秋」には、穀物の収穫時期という意味もありますから、季節は初夏なのに、「麦秋」という言葉が出来たという訳です。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事