ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「三昧」の由来は?  
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

これは2018年10月16日出題された復習問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

「三昧」の由来は?

【選択枝】
 精神集中すること
 あいまいなこと
 大負けすること

スポンサーリンク

本日の解答は

 精神集中すること

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「三昧(ざんまい)」ではなく、「惨敗(ざんぱい)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

「三昧」の由来は

「三昧」と「曖昧」の「昧」の漢字が同じですが、「曖昧」は当て字です。

 

「三昧」とはもともと仏教の言葉で、一心不乱に仏事を行うことを意味しました。
語源はサンスクリット語のsamādhi(サマーディー)"です

 


この言葉の意味が今日の正解ですが、"samādhi(サマーディー)"とは、瞑想修行などで得られる境地で、雑念を振り払い、一つのことに集中した心の安定した状態を指す言葉です。

"samādhi(サマーディー)"とは、精神集中が深まり切った状態のことで、この状態のときに正しいことが起きる、つまり"悟りを開くことが出来る"とされています。

ですから、「三昧」は、とてもありがたい言葉なのですが、日本では、遅くとも江戸時代では、"好き勝手にやる"といった意味で使われるようになってしまったのです.

"samādhi(サマーディー)"
三摩地(さんまじ)、三摩提(さんまだい)とも音訳されます。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事