ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

国際連盟に加盟しなかった国は?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

国際連盟に加盟しなかった国は?

 

【選択枝】
 日本
 アメリカ
 フランス
スポンサーリンク

本日の解答

■ アメリカ

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
トランプ氏の"戦術"⑥【古い悪魔】

マクロン大統領が言った「古い悪魔」とは


2018年11月、第1次世界大戦から100年の記念式典がフランスで開かれました。
そこで話題となったのが、マクロン大統領のこの演説でした。
マクロン大統領の演説 -2018年11月終戦祈念式典-

古い悪魔が再度目覚めつつある
大戦後に誰もが平和を誓ったが、
ナショナリズム全体主義の高まりが
2度目の対戦を生んでしまった
歴史は繰り返す時がある

 

マクロン大統領が言う"古い悪魔"は、暗にある人物の政治スローガンを指しています。
それは、トランプ大統領が掲げている"アメリカファースト"です。
マクロン氏はこうした自国第一主義が、結果的に第2次世界大戦を招いてしまった、その歴史を今こそ思い起こさなければならないというメッセージを込めたのです。

国際連盟が機能しなかった理由

第一次世界大戦が終わった後、再び戦争を起こさないために作られたのが国際連盟です。

アメリカのウィルソン大統領が提唱しましたが、肝心のアメリカは不参加を決めました。
このため、国際連盟はほとんど機能しませんでした。

陸軍が暴走した日本や、ムッソリーニ率いるイタリア、そしてナチスドイツの野心を阻むことができなかったのです。

結局、第二次世界大戦が勃発しました。

どうしてアメリカは国際連盟に加盟しなかったというと、アメリカの議会上院が加盟を否決したからです。

反対派を主導したのは、ヘンリー・ガボッド・ロッジ上院議員でした。
アメリカ第一主義を訴え、国際協調主義に背を向けたのです。

ロッジ上院議員は、アメリカへの移民の受け入れにも反対していました。
トランプ大統領の主張は、100年前の"古い悪魔"とそっくりなんです。

 

前回のニュース検定

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事