ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

孔子が「先生の資格」として必要と説いたものは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

孔子が「先生の資格」として必要と説いたものは?

【選択枝】
 聖人君子
 温故知新
 テレビのリモコンは

スポンサーリンク

本日の解答は

 温故知新

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「先生の資格(せんせいのしかく)」ではなく、「煎餅の近く(せんべいのちかく)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【孔子が必要だと説いた「先生の資格」とは】

「聖人君子」

「聖人」とは、"徳が高い、偉大な人
「君子」とは、"学識、人格ともに優れた人"のことです。
出典は、紀元前中国の歴史書「史記」で孔子の言葉ではありません。

一方、「温故知新」の出典は、これです。

温故而知新
可以為師矣

故きを温ねて新しきを知れば、以って師と為る可し」 (ふるきをたずね あたらしきをしれば、もってしとたるべし) と読みます。

昔のことを研究して、新しい知識や道理を見つけ出す
それが出来れば、人に教えることが出来るという意味です。

そしてこの言葉の出典が「論語」
弟子たちが、孔子の言葉を記録した書です。

今我々が迎えている状況は、過去にあまり経験していないわけですが、もしかしたら、その解決の糸口が過去に見つかるかもしれない。
という訳で、"温故知新"の精神は先生に限らず、我々全員が持つべきではないでしょうか?

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事