林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

味の「コク」広辞苑に載っている漢字は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今週は2020年放送した中からの復習問題です。
今日は、2月25日に出題されたものです。

ことば検定プラス 今日の問題

味の「コク」広辞苑に載っている漢字は?

【選択枝】
 穀
 酷
 頷

スポンサーリンク

本日の解答は

 酷

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「コク」ではなく、頷くときにやる「コクッ」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【味の「コク」広辞苑の漢字は?】

【酷】の酉(ひよみのとり)に注目

選択肢の1つ「穀」は、"殻"をかぶった籾(もみ)を表し、米や麦など広く穀物を指します。

一方「酷」は、訓読みの通り、「ひどい」「はなはだしい」といった意味です。
注目は、この字の左側です。
ことば検定ではおなじみの、「酉(ひよみのとり)」、これは酒の壺をかたどって出来た字で、お酒に関係のある漢字に含まれています。

こく【酷】酒などの深みのある濃い味わい

広辞苑で「酷」を見ると、「酒などの深みのある濃い味わい」とあります。

こく【酷】  -広辞苑から-

(本来、中国で穀物の熟したことをあらわしたところから)
などの深みのある濃い味わい

"酒の味わい"を意味するのですから、当然漢字は「酷」となり、この字はもともとは中国で強い酒を表すことから、「ひどい」に転じました。

「コク」という言葉の由来については、他に「味が濃い」などの"濃い"が変化したという説もあります。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事