ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

インド新幹線計画の遅れ最大の理由は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」  ニュース検定 

インド新幹線計画の遅れ最大の理由は?

 

「グッド!モーニング」 池上彰 ニュース検定
ここでは「ニュース検定」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】

インド新幹線計画の遅れ最大の理由は?

 

【選択枝】
 土地の取得遅れ
 作業員のストライキ
 野生動物の保護
スポンサーリンク

本日の解答は

 土地の取得遅れ

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
【インド新幹線計画】

インド新幹線計画が進まない理由 -土地の取得遅れ-

日本の新幹線は、世界で高く評価されています。
世界の高速鉄道の中でも、日本の新幹線は車両だけでなく、その運行システムも含めて、高い技術力を誇っています。
このため、安倍総理は積極的に海外に売り込んでいます。
インドでは、トップセールスに成功し、2017年9月高速鉄道起工式が華々しく開催されました。

新たな高速鉄道計画は、インド第二の都市"ムンバイ"と、モディ首相の地盤でもある"アーメダバード"との、およそ500キロを結びます。
日本の新幹線システムを丸ごと採用し、現在6時間以上かかるところを2時間に短縮します。
2023年の開業が目標です。


しかしその後、この計画は思うように進んでいません。
土地の取得が進んでいないんです。
開業まであと3年しかないのに、まだ全体の半分ほどしか終わっていません。
買取価格などへの不満から、地権者である農民たちが土地の売却を拒んでいるのです。
水面下では、開業時期を5年ほど遅らせる協議が行われていると言われています。

無理があったインド新幹線計画


そもそもこの計画には無理がありました。
日本が提示した総事業費は1兆8000億円で、競合したフランス側の1兆2000億円を上回っていました。
インド高速鉄道計画  総事業費

日本側が提示    1兆8000億円
フランス側が提示  1兆2000億円

価格が高いのに勝ち取れたのは、安倍総理のトップセールスがあったからです。
しかしその後、事業費が膨れ上がる可能性が出てきています。

毎日新聞によると、受注を焦った日本側の価格設定と、ずさんな見積もりが原因で、事業費は結局、2.5兆円に跳ね上がる見通しです。
見積もり漏れの中には、冷房装置の導入を想定していないなどミスもありました。

インド側はこの増額に反発しています。

仮に計画が頓挫する事態になれば、安倍総理肝いりの成長戦略にとって大きな痛手となります。

 

前回のニュース検定

 

本日の「ことば検定プラス」と「お天気検定」

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)
□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー

池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんで解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事