「素封家」とは、どういう人?【ことば検定プラス】-2020年8月19日-
スポンサーリンク

「素封家」とは、どういう人?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス

「素封家」とは、どういう人?

 

「グッド!モーニング」 林修のことば検定プラス
ここでは「ことば検定プラス」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。
スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

 

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】

「素封家」とは、どういう人?

【選択枝】
 大金持ち
 倹約家
 大金持ちで倹約家

スポンサーリンク

本日の解答は

 大金持ち

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
素封家(そほうか)」ではなく、「双方か(そうほうか)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

素封家とは

今日のポイントは、「素封(そほう)」とは何か?ということです。


「素封」の「素」は、”無いこと”という意味です。
一方の「封」は、封建制などの「封」と同じで、君主が臣下に与えた”領地”のことです。
つまり「素封」とは、もともと”与えられた領地が無い”という意味になります。

 

”領地が無い”、すなわち財産がないわけですから、正解は「倹約家」と言いたいところですが、この後があります。

単に領地を持たない人はたくさんいます。
「素封」とは、その中でも特別な人のことです。

この言葉は、中国最古の歴史書「史記」に登場します。

身分や与えられた領地が無くても王や諸侯に匹敵する者を素封という
「史記」(紀元前1世紀頃)から

つまり、「素封家」とは「大金持ち」のことを言います。

 

ただし、「史記」を書いた司馬遷は、

財貨だけを蓄えるのではなく、しっかりした倫理観を持って人材を育成する人こそ素封家になることが出来る

と説いています。

 

 

 

本日の「お天気検定」と「ニュース検定」

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)

□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンから問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事