気象庁の観測史上、最初に40℃を記録したのは? 【お天気検定】-2020年8月19日-
スポンサーリンク

気象庁の観測史上、最初に40℃を記録したのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 お天気検定

気象庁の観測史上、最初に40℃を記録したのは?

 

「グッド!モーニング」 依田司気象予報士 お天気検定
ここでは「お天気検定」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

依田司気象予報士の「お天気検定」

 

「お天気検定」今日の問題

【問題】

気象庁の観測史上、最初に40℃を記録したのは?

【選択枝】
 宇和島市
 熊谷市
 山形市

スポンサーリンク

本日の解答

 宇和島市

 

「お天気検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

【今日の中継先】

東京・六本木 テレビ朝日7階テラス

 

スポンサーリンク

本日の依田司さんの解説

気象庁の観測史上、40℃以上を観測した歴代で早い記録順

1番最初に40℃を記録 愛媛県・宇和島市 1927年7月22日(40.2℃)
2番目 山形県・山形市 1933年7月25日(40.8℃)
3番目 山形県・酒田市 1978年8月3日(40.1℃)

昔も、このように40℃以上を記録することがありましたが、気圧配置が特殊でした。
特に、山形市で40℃を超えた時は、日本海に台風が入り、猛烈なフェーン現象が効きました。

ただ最近の40℃超えというのは、当たり前のように夏型の気圧配置で超える日が増えてきています。
40℃を超えても、不思議ではない状況になってきています。

-8月19日のお天気ワンポイント-

今日は九州などでは39℃予想が出ていますが、場合によっては40℃に到達する可能性があります。
暑さから体を守ることを意識してお過ごしください。

前回のお天気検定

 

本日の「ことば検定プラス」と「ニュース検定」

 

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー
依田司気象予報士のお天気検定について
【出題】
出題時間は7時35分過ぎ
依田司気象予報士が各地の中継先から、「お天気」と「中継先」にまつわるクイズが出題されます。
出題した直後、各地のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
スポンサーリンク
おすすめの記事