1969年佐藤栄作がニクソンと合意したのは? 【ニュース検定】-2020年8月19日-
スポンサーリンク

1969年佐藤栄作がニクソンと合意したのは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」  ニュース検定 

1969年佐藤栄作がニクソンと合意したのは?

 

「グッド!モーニング」 池上彰 ニュース検定
ここでは「ニュース検定」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】

1969年佐藤栄作がニクソンと合意したのは?

 

【選択枝】
 沖縄返還
 自動車輸出自主規制
 安保条約の改定
スポンサーリンク

本日の解答は

 沖縄返還

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
歴代長期政権 佐藤栄作①【史上初の4選】

吉田茂が育てた優等生・佐藤栄作

吉田茂はワンマン宰相でしたが、数々の政治家を育てた名伯楽でもありました。
”吉田学校”と言われ、その教え子たちの中でも優等生だったのが、佐藤栄作です。
もともとは、運輸省、現在の国土交通省の事務次官まで務めた官僚です。
吉田が押して、政界入りしました。
ただ、政治手法が地味だったので、”待ちの政治”と言われ、支持率も伸び悩みました。
幸運だったのは、総理になった時期です。
ちょうど日本の高度経済成長と重なったのです。
その佐藤政権の最大の実績は、沖縄返還です。
1969年11月、ワシントンでニクソン大統領と会談し、合意しました。

-佐藤栄作総理大臣(当時)1969年12月国会での演説-

1972年返還ということは、施政権(しせいけん)の円滑な移転のために、必要な期間を考慮すれば、即時返還と全く同様であります。

 

沖縄返還の実績を掲げ佐藤一強時代へ

3年後の沖縄返還は、大きく報道されました。
これを受けて佐藤栄作は勝負に出ます。
解散総選挙に打って出たのです。
沖縄返還の実績を掲げ、300議席を獲得する大勝利となったのです。
体制は一層盤石になりました。
そして翌年、佐藤は4選目の総裁選に出馬します。
対抗馬は三木武夫でした。

下馬評では、実績のある佐藤が圧倒的に有利でした。
各派閥が強力に佐藤4選運動を展開したのです。
予想通り佐藤が勝ちましたが、三木に111票が入りました。
弱小派閥の割には、予想以上の善戦でした。

長期政権に対する懸念はあったものの、史上初の4選が実現し、佐藤一強となりました。
ところが、一寸先は闇です。
佐藤は同じ派閥の番頭に寝首をかかれました。
明日は、巨大派閥の暗闘についてお伝えします。

 

前回のニュース検定

本日の「ことば検定プラス」と「お天気検定」

 

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)

□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー
池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんで解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事