ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「年の瀬」の由来は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今日は12月18日、今年もあと2週間となりました。
月日が経つのは本当に早いです。
今年は新型コロナのせいで、誰も経験したことのない1年でした。
心に残るようなイベントも少ないので、特に時間の経過が早いと感じる人が多いようです。

皆さん、いつもとは違う「年の瀬」を迎えていることでしょう

ことば検定プラス 今日の問題

「年の瀬」の由来は?

【選択枝】
 時の流れ
 川の流れ
 近くの字が読めない

スポンサーリンク

本日の解答は

 川の流れ

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「年の瀬」ではなく、「歳のせい」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「年の瀬」の由来は?】

 

「年の瀬」の"瀬"とは何か

今回のポイントは「年の瀬」の"瀬"とは何かということです。
井原西鶴の"日本永代蔵"にこんな場面があります。

借銭の渕をわたり付て、
幾度か 年の瀬越をしたる人のいへり『日本永代蔵』井原西鶴(1688年)

"借金でどんづまりの状況を、なんとか乗り越える
そんな年末を何年、何十年と経験している人が言うには"という意味です。

 

年の瀬は川の浅瀬の流れにたとえた表現

江戸時代は、日々の支払いをツケにする習慣がありました。
そこで年末に、あちこちのツケを清算しなければならなかったのです。

この"借銭の渕"は、多額のツケが貯まった状態を"渕"、つまり川の深い場所にたとえたもので、"瀬"は反対に川の浅いところのことです。

浅瀬は流れが速くて危険ですから、"瀬越"は、危機を乗り越えることを表すのです。

「年の瀬」は借金取りに追われるなどの、年末の慌ただしさを浅瀬の速い流れにたとえた表現なのです。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事