林家木久扇が幅広いビジネス目的で買ってしまった動物は? エンタメ検定
スポンサーリンク

林家木久扇が幅広いビジネス目的で買ってしまった動物は?
「みんなのエンタメ検定」 -グッドモーニング-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「みんなのエンタメ検定」の出題と解答をご紹介しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

みんなのエンタメ検定


昨日5月5日、東京浅草演芸ホールで、落語の無料配信ライブを行った林家木久扇さん。
木久扇さんは、これまで落語の他に、ラーメン店を国内外に出店するなど、幅広くビジネスを展開してきました。
しかし、最盛期には国内に27店舗もあったラーメン店は全て閉店。
スペインにオープンさせた店も、ワインを片手にゆっくりとラーメンを食べるスペイン人の国民性から、回転率が上がらず、閉店してしまいました。
ここで問題です。
ビジネスにおいて様々な武勇伝を持つ木久扇さん。
かつて、子どもをある動物の背中に乗せて喜ばせるビジネスを考案。
そのために、結構な金額で買ってしまった動物がいます。
それは?
今日の問題

林家木久扇がビジネス目的で買った動物は?

 

【選択枝】
 ダチョウ
 ラクダ
 ゾウ
スポンサーリンク

本日の解答

 ゾウ

 

「みんなのエンタメ検定」
の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

本日の解説


木久扇さんの息子さんに聞きました。
林家木久蔵さん(木久扇さんの息子)の話
家族旅行で(タイ)パタヤビーチに行ったんですよね。
海沿いのところでご飯を食べていたら、
ゾウが海岸沿いを夕陽にあたりながらずっと歩いたんですって。

その姿がとっても美しくって
このゾウを日本に持って帰って、
鎌倉の海岸あたりで同じようなシチュエーションで(子どもを乗せて)やったら

すごくみんな喜んでもらえるし
ヒットするんじゃないかって

買うにはどうしたらいいんだって話をしたら
そうしたらそのゾウ使いが「すぐに売りますよ」と。

それで当時、なんだかんだ
70万ぐらいだったらしいですよ。

こうしてゾウを購入。
ところが、日本に連れて帰ると「ワシントン条約」に違反することが発覚。
タイから動かすことができず、ビジネスは頓挫してしまったという話でした。

 

スタジオの新井 恵理那さんの解答
ダチョウ」で間違い
【新井さんの参加結果 25回】
正解 11回 誤答 14回

ちなみに買ったゾウに付けた名前は「キクゾウ」だったということです。
毎月タイからエサ代7万円の請求が来るなど、ひと儲けするつもりが、逆に出ていく一方だったため、最終的には、この「キクゾウ」を泣く泣く手放してしまったということです。

このエピソード自体が、落語のネタになるような話ですね。

 

前回のみんなのエンタメ検定

 

本日の出題

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事