林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「ふりかけ」考案者の職業は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」


5月6日は「ふりかけの日」です。
ふりかけ」というと魚介系のイメージですが、最近は、様々な味のふりかけがあるようです。

現在、2年に一度の予定で行われている全国ふりかけグランプリ。
最新の大会で金賞に輝いたのが、「鹿児島黒豚ふりかけ」
醤油ベースのチャーシュー味というふりかけです。
「ふりかけ」は美味しいですよね。
そして今日が、「ふりかけの日」に制定されたのは、明治20年に「ふりかけ」の元祖とされる吉丸末吉さんが生まれた日だからだそうです。
そこで「ふりかけ」を生み出した吉丸さんの職業は何かという問題です。
今日の問題

「ふりかけ」考案者の職業は?

 

【選択枝】
 漁業関係者
 薬剤師
 新幹線から日本一の山を見て

スポンサーリンク

本日の解答

 薬剤師

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ふりかけ」ではなく、「ふじかっけー(富士山かっこいい)」だそうです。

スポンサーリンク

林修先生の解説

【「ふりかけ」考案者の職業は?】

元祖ふりかけはいりこの丸ごと粉末

吉丸さんが初めてふりかけを考え出したのは、大正の初めの熊本でした。

元祖のふりかけは、いりこを丸ごと粉末にして味をつけたものでした。
「ご飯の友」と名付けられ、現在も販売されています。

 

カルシウム不足解消して欲しいという思い

そして、吉丸さんがふりかけを思いついた背景には、ある思いがありました。
大正の初め頃はまだまだ食糧事情が十分ではなくて、特にカルシウムが慢性的に不足していました。
そこでダシに使ういりこに目をつけたんですね。
「ご飯の友」で、カルシウム不足を解消して欲しいと考えたわけです。
当時の栄養事情を考えて、商品開発に結び付けた吉丸さんの職業は、薬剤師が正解です。
「ご飯の友」は瓶詰めで売られたのですが、この瓶の形は吉丸さんの仕事道具である、フラスコをイメージして作られたそうです。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事