ロシアの表記が「魯」から「露」に変わった理由は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

ロシアの表記が「魯」から「露」に変わった理由は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

5月7日は、2000年にロシアのプーチンさんが大統領に就任した日です。
以来、ずっとロシアのトップに君臨しています。
法律では、最長で2036年まで大統領の座にとどまることが可能なんだそうです。
そして、ロシアをこのように"露"と1文字で表すことがありますよね。
しかし、幕末にロシアとの外交がスタートしたときは、"魯(魯西亜)"と
書いていたんです。
なぜ、この字からこの字に変わったんでしょうか?
今日の問題

ロシアの表記が「魯」から「露」に変わった理由は?

 

【選択枝】
 ロシアから抗議されたから
 帝国時代と区別するため
 1984年のオリンピックは?

スポンサーリンク

本日の解答

 ロシアから抗議されたから

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ロシア」ではなく、「ロスや(ロサンゼルス五輪)」だそうです。

スポンサーリンク

林修先生の解説

【ロシアの表記 なぜ「魯」から「露」に?】

江戸時代に壊した条約では「魯」


日本とロシアが初めて条約を交わしたのは、1855年(安政元年)。
日本はまだ江戸時代、相手はロシア帝国でした。
条約の写しを見ると、その時は「魯」が使われています。
ところが、20年後の別の条約では、「露」が使われているんです。

20年の間に何があったんでしょうか?

 

ロシアから抗議された「露」に変更

背景がわかる外務省の文書が残されています。

-外務書記官が残した文書-

魯国の魯字を露字に改め候(略)
明治七年七月頃
同国公使館 魯は魯鈍の
熟字あるを以て嫌ひ候

この「魯」をやめてほしいとロシア側から言ってきたと言うんです。

確かに、この字には魯か(おろか)という訓読みがあるんです。

ということで、正解は「ロシアから抗議されたから」です。

ただし、水産大手・マルハニチロ目の前身の一つ、ニチロの旧社名は、平成元年まで"日魯漁業"でした。
"日魯"という字を縦にすると、魚が日に挟まれて、毎日毎日魚が獲れるに通じ、縁起が良いと考えられたからだそうです。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事