【BOOKランキング】TSUTAYA調べはタレント本や写真集が強くランクイン
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年6
月13日~19日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、SHIBUYA TSUTAYAによる【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「クリエイターズファイルVol.04」
秋山竜次(ロバート)
ヨシモトブックス(発行)
ワニブックス(発売)

YouTube総再生回数1億5千万回を超える秋山さんの大人気企画第4弾。
昭和の名力士や鬼才と呼ばれる映画監督まで、27組のキャラクターが登場しています。

 

 

 

第2位 「炎上白書」
あやなん
KADOKAWA

ネット界の炎上女王と呼ばれるあやなんさんが、自身の結婚や出産、週刊誌で騒動となった31人の誕生パーティの真相を包み隠さず綴ったエッセイです。

 

 

 

 

第3位 「セレナーデ」
Uru
KADOKAWA

ドラマや映画で多くの主題歌を担当するシンガーソングライターのUruさん。
その歌声と神秘的な存在感で注目されるUruさんが、自身の楽曲をもとに描いた3つの物語。
「しあわせの歌」「鈍色の日」「セレナーデ」を収めた短編集を発売。

表題作の「セレナーデ」は、摂食障害で悩む高校3年生葵の物語。
ある出来事をきっかけに恋人である隼人と幼なじみの陽との関係が崩れていく。

「幸せだった日々にしがみついたまま、今を生きていないのは僕の方だ。」
みずみずしい青春群像劇となっています。

 

 

 

 

第4位 「20代で得た知見」
F
KADOKAWA
名言が詰ったエッセイは、38万部を突破。

 

 

第5位 「こんな日のきみには花が似合う」
蒼井ブルー(文)新井陽次郎(絵)
NHK出版

「きみのその花火が消えたら告白する」

社会人として働く湯乃渚と名草かえが付き合い始めてから1年間の何気ない瞬間を優しく温かい文章とイラストで紡いだ物語です。

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「聖域」 コムドットやまと KADOKAWA
第7位 「マイクロスパイ・アンサンブル 伊坂幸太郎 幻冬舎
第8位 「チッチと猫のハクと坊」 セントチヒロ・チッチ ぴあ
第9位 「東京03の好きにさせるかッ!傑作トーク選」 東京03 竹書房
第10位 「マスカレード・ゲーム」 東野圭吾 集英社

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「チッチと猫のハクと坊」

 

2年前から一緒に暮らすセントチヒロ・チッチさんと猫のハク(姉)と坊(弟)。
今作では、チッチさんの自宅で撮影が行われ、自然体の姿がと切り取られています。

さらに、2匹との出会いから自粛生活で心が折れそうなチッチさんを支えてくれたエピソード、そしてBiSH解散発表後の日々を2匹の相棒たちとどう過ごしてきたかが綴られています。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年6月25日放送-
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事