日本人初の"熱気球" 有人飛行はいつ? 【お天気検定】
スポンサーリンク

日本人初の"熱気球" 有人飛行はいつ?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

日本人初の"熱気球" 有人飛行はいつ?

   -明治
   -大正
   -昭和

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -昭和

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本人初の"熱気球"有人飛行は昭和】

日本人が有人飛行に初成功したのは「イカロス5号」という熱気球です。
熱気球運営機構によりますと、成功したのは西暦1965(昭和44)年です。
そしてこの「イカロス5号」は、2016年に博物館へ寄贈する際に、機体をチェックしたとき、50年近くたってもしっかり飛ばすことができたそうです。
設計製作したのが、京都大学や北海道大学のグループで、風船部分はなんと自らミシンで縫ったものなんだそうです。
北海道洞爺湖周辺の空を、20分ほど飛行したそうです。

イカロス5号
京都大や北海道大のグループが設計・製作
風船部分は自らミシンで縫ったもの

ちなみに、世界史上初の有人飛行は、モンゴルフィエの気球で、1783年11月21日に、8.5キロを26分間で飛行したそうです。

 

 

[きょうの中継先]

栃木県・栃木市  渡良瀬運動公園

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
大谷翔平 深い眠りが大事 シーズン中眠れないのは?
「ことば検定スマート」
あんぱん「文明開化」の何と言われた?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事