日本で最初に描かれたとされるサンタ、お供は? 【お天気検定】
スポンサーリンク

日本で最初に描かれたとされるサンタ、お供は?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

日本で最初に描かれたとされるサンタ、お供は?

   -牛
   -ロバ
   -小熊

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -ロバ

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本初のサンタの絵 お供は「ロバ」】

今から120年以上前の明治33(1900)年に発行された、「さんたくろう」という書籍の挿絵に描かれたサンタクロースは、手にツリーを持ってます。
プレゼントは袋ではなく、籠になってます。
籠の中にたくさんのプレゼントが入っていて、それを運んでいるのがトナカイではなく「ロバ」です。
海外の文化を日本文化に合わせ、トナカイがいない日本は小さな馬、ロバで表現したと考えられています。
-12月3日のお天気ワンポイント-

今日は、全国的に南寄りの風が吹き気温が上がります。
朝はひんやりでも、日中は気持ちよく過ごせますが、日本海側は広く、お天気下り坂で雷雨にお気をつけください。

 

[きょうの中継先]

栃木・那須町 星野リゾート・リゾナーレ那須

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
神木隆之介 人から聞いて印象に残ったニュースは? 
「ことば検定スマート」
「とんかつにキャベツ」誕生のきっかけは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事