ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

1947年までインドを植民地支配していた国は?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

1947年までインドを植民地支配していた国は?

 

【選択枝】
 フランス
 アメリカ
 イギリス
スポンサーリンク

本日の解答

 イギリス

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
"危機"に指導者は⑥【塩の行進】

インド独立運動の指導者ガンジー

 

インド独立運動の指導者といえば、"マハトマ・ガンジー"です。
20世紀で最も偉大な指導者とも言われ、長い間、イギリスの植民地支配を受けていたインドで、独立運動を展開しました。

インド
イギリスの植民地支配を受ける
ガンジーは独立運動を展開

 

その手法は画期的で、その後の人権活動家にも大きな影響を与えました。
「非暴力不服従」と呼ばれる運動です。
支配者側のイギリスが、どんなに暴力で弾圧してきたとしても、「暴力で返しては駄目だ、非暴力で抵抗しなくてはいけない」と言ったのです。
独立運動といえば、多くの血を流して勝ち取るものだという常識を180度覆すやり方でした。

 

ガンジーの独立運動で有名な"塩の行進"

ガンジーの"非暴力不服従運動"の中でも、特に有名なのは1930年の"塩の行進"です。
当時インドで、塩は植民地当局が独占的に売っていました。
それをイギリスは、植民地支配を支える収入源としていたのです。

ガンジーは、その屋台骨をつきました。
大勢の支持者たちと一緒に、あえて法律を破り、海岸で塩作りの運動を展開したのです

この運動は全国に広がり、治安部隊の弾圧で数十万人が逮捕されました。
一方、ガンジーの思想に影響された人々は、非暴力を貫きます。
弾圧が激しくなるほど、独立運動は燃え上がったのです。
こうしたガンジーの奮闘が、国民的な運動となり、インドは1947年についに独立しました。
しかしその内容に、ガンジーは落胆します。
明日は、その事情をお伝えします。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事