「天気の子」空を題材にするきっかけとなった雲は? 【お天気検定】
スポンサーリンク

「天気の子」空を題材にするきっかけとなった雲は?
「グッド!モーニング」 お天気検定 -依田司-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「お天気検定」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

気象予報士・依田司 お天気検定

 

お天気検定 今日の問題

「天気の子」空を題材にするきっかけとなった雲は?

【選択枝】
 レンズ雲
 かなとこ雲
 ひつじ雲

スポンサーリンク

本日の解答は

 かなとこ雲

 

「お天気検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

【今日の中継先】

東京・六本木 テレビ朝日7階テラス

 

スポンサーリンク

本日の解説

【「天気の子」題材のきっかけは・・・かなとこ雲】

映画「天気の子」の宣伝ポスターの中にも「かなとこ雲」が見えています。
なぜ"かなとこ雲"だったかというと、以前、新海誠監督が話していたのは、夏の青空に出来た"かなとこ雲"を見て、"かなとこ雲"の上の平らなところで遊ぶような映画を作ったら面白いんじゃないかと思ったのがきっかけだそうです。

"かなとこ雲"の上がなぜ平らになっているのか?
天気の変化が起きるのは、"対流圏"と呼ばれているところで、そこでは"対流"という字のごとく上昇気流や下降気流があります。
上昇気流があるところは、上空に行くにしたがって気温が下がりますから冷やされて雲が出来ます。

ただ、その上の"成層圏"というところは、逆にオゾン層というのがあって上に行くほど暖かいのです。
だから、それ以上は上がっていけなくて、つまりは横に広がるしかないということで"かなとこ状"になります。

関東上空では、この"かなとこ雲"の上は、冬ではマイナス40℃、夏はマイナス20℃の世界ですから、ここで遊ぶというのは無理です。

前回の「お天気検定」

 

本日の出題

「ことば検定プラス」
「値千金」の由来は?

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事