実際の「気象」に関係がある言葉は? 【ことば検定プラス】‐2020年8月28日-
スポンサーリンク

実際の「気象」に関係がある言葉は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス

実際の「気象」に関係がある言葉は?

 

「グッド!モーニング」 林修のことば検定プラス
ここでは「ことば検定プラス」の出題とともに、リアルタイムにて答えを速報しています。

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」の3つの検定があって問題が出されます。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。
スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

 

「ことば検定プラス」今日の問題

【問題】

実際の「気象」に関係がある言葉は?

【選択枝】
 天晴れ
 馬耳東風
 気持ちが悪い

スポンサーリンク

本日の解答は

 馬耳東風

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「気象」ではなく、「きっしょっ」だそうです。
*「気色が悪い」の若者言葉

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【馬耳東風】

「天晴れ」は当て字です。
感情を強く持った時の感動詞「あはれ」が変化した言葉です。
古文で習った"もののあわれ"の"あわれ"のことで、気象とは関係ありません。

「馬耳東風」
「馬耳」は文字通り、"馬の耳"のこと。
「東風」は、"中国で春に東から吹く暖かい風"のことです。

「春風が吹くと人は喜ぶが、馬は何の感動も示さない」ということから、「人の意見や批評を聞き流すこと」を言うようになりました。

この言葉、8世紀の中国の詩人・李白のこの詩に由来します。

世人聞此皆掉頭
有如東風馬耳「せじん これを聞き 頭を掉(ふる)う 東風の馬耳を射るがごときあり」-李白「答王十二寒夜独酌有懐」--

「世の人はこれを聞いて 頭を振るばかりで
まるで春の東風が馬の耳に吹くようなものだ」という意味です。

 

もっとも地域にもよりますが、実は日本では一般に、春を告げる風は南風で、東風ではありません。
「東風」は春の季語ですが、これは中国から「東風」は"春の象徴"だと教わったからなのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の「お天気検定」と「ニュース検定」

 

今月のプレゼント

A賞(120ポイント獲得で応募可能)

□レッグマッサージ器
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□センサー式自動開閉ゴミ箱
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□衣類スチーマー

林修先生のことば検定について
【出題】
出題時間は6時53分頃
林先生が出題する前振りの時に、dボタンから問題を確認できます
出題した直後、依田司気象予報士のお天気情報をはさんで解答締め切りになります。
時間にして数分間が考える時間となります。
【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、緑の選択肢はほぼボケの解答となりますから、実質は二者択一です。
それでも、意表をついての緑が答えとなることもありますので、ひっかからないようにして下さい。
スポンサーリンク
おすすめの記事