【注目は「N」道尾秀介-前代未聞の体験型小説-】BOOK文芸書ランキング
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2021年10
月11日~17日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ブックファースト新宿店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「民王 シベリアの陰謀」
池井戸潤
KADOKAWA
.累計発行部数20万部を突破しています。

 

第2位 「きれはし」
ヒコロヒー
Pヴァイン

ピン芸人・ヒコロヒーさんの初エッセイ。
独特な持ち味のコントで、人気急上昇中のヒコロヒーさん。

17編のエッセイには、一躍「時の人」となった現在の心情や、下積み時代の思い出を綴っています。

それは、岐阜に営業に行った時の出来事。
宴会場のステージで、コントを披露したヒコロヒーさん。
これに「イェーイ!!」「ヒュー!!」と、まるでフェスのような盛り上がり。

すると、ヒコロヒーさんに向けて「よっ!!エコロジー!!」と、私ではなく何か環境的なものを持ち上げていた。
エコロジーに対する声援を、私が受けてもいいものなのかは本当に定かではなかったが、こんな機会もないだろうと腹をくくり、最終的にはエコロジーとしてたくさんお礼を言わせていただいた。

また行かせて頂く機会があるのならば、ぜひまた私をエコロジーだと言って異常な盛り上がりを見せていただきたいところである。

 

 

第3位 「ミカエルの鼓動」
柚月裕子
文藝春秋

対立する二人の心臓外科医と、医療の在り方、命の意味を問う感動作です。

 

 

第4位 「ペッパーズ・ゴースト」
伊坂幸太郎
朝日新聞出版

 

 

 

 

第5位 「N」
道尾秀介
集英社

直木賞作家・道尾秀介さんが新たな試みに挑んだ意欲作。

「本書は六つの章で構成されていますが、読む順番は自由です」という道夫さんのメッセージで始まる今作。
収録されているのは、ひとつひとつが短編ミステリーとして楽しめる六章の物語。

まず本を開くと、それぞれの章の冒頭部分だけが読めます。
それを呼んで気になった章から、読書スタート。
実はこの本、どの章から読み始めて、どの章で終っても壮大なミステリーとして成立するという前代未聞の体験型小説。
その読み方は、なんと720通り。
読む順番で、世界が変わる体験をぜひ。

 


テレビ番組ランキング

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。
今週は、TOP5のみの発表で、6位以下の発表はありませんでした。

第6位
第7位
第8位
第9位
第10位

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「ポップス歌手の耐えられない軽さ」桑田佳祐

今週は6位以下の発表が無かったので、先週の注目の一冊として紹介されたものを置いておきます。

 

桑田さんが、「曲が書けないほど全力で書いちゃったよ」と、1年半をかけて綴った今作。
出版が決まった直後から、話題となり、発売前に重版が決定。

今まで音楽のこと以外、ほとんど語ってこなかった桑田さんの貴重なお話が満載。
故郷・茅ヶ崎での少年時代や、サザンオールスターズが結成された青山学院時代の思い出、コロナ禍で行った無観客ライブの裏側など、66のエピソードが収録された大ボリュームの一冊です。

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年10月23日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事