日本の化粧の始まりで「重要な色」は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

日本の化粧の始まりで「重要な色」は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

 

きょう1月25日は「美容記念日」です。
バブルの全盛期の頃は、眉毛が太くて、真っ赤な口紅が流行っていました。
そういえば90年代後半には、ヤマンバメイクというのもありました。
ヤマンバが美しいかどうかはともかく、メイクの目的は、美しさやおしゃれのためですよね。
しかし、日本で化粧が行われるようになった当初は、全く違う目的があったようです。
そして、その化粧ではある色が重要だったと言われています。

では、その重要な色は何でしょうか?

 

 

きょうの問題

日本の化粧の始まりで「重要な色」は?

   -白
   -赤
   -散らかった部屋

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -赤

 

 

【本日の  のボケは?】

「じゅうようないろ(重要な色)」ではなく「しゅうのうないの(収納ないの)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本の化粧の始まりで「重要な色」は?】

おしゃれのために化粧は6世紀頃から

 

日本人が、おしゃれのために化粧をし始めたのは、6世紀ごろではないかと言われています。

 

仏教伝来とともに、大陸の"最先端のメイク法"が伝わったとされています。
奈良時代中期に描かれたとみられ「鳥毛立女屏風」を見てみると、今とはだいぶメイクが違います。
口紅が鮮やかですが、それを際立たせているのが白い肌です。
当時の宮廷女性たちの最大の関心時は、いかに肌を白く美しく見せるかだったとされています。

化粧は古墳時代にすでにあった

しかし、化粧のルーツはもっと前、少なくとも古墳時代には既に化粧があったようです。
当時の埴輪の女子像を見ると、埴輪の顔が赤く塗られています。
3世紀頃の様子がわかる「魏志倭人伝」には「朱丹(赤色)を以て其の身体に塗る」とあり、当時の人が顔や体を赤くしていたと記録されています。
太陽や血の色である赤は、生命力の象徴とされ、魔よけの力があると考えられていたようです。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
自然教育園で、最近繁殖が確認された希少な生物は?
「みんなのエンタメ検定」
仲里依紗 自宅での「至福の時間」は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事