【2022年本屋大賞候補「夜が明ける」が5位 】BOOK文芸書ランキング
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2022年1
月10日~16日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ブックファースト自由が丘店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「民王 シベリアの陰謀」
池井戸潤
KADOKAWA

書籍紹介クリエーターとして人気のけんごさんは、今作の魅力をこう紹介しています。
「タイトルにある陰謀の意味が分かったとき、はっと驚かされるはずです」

去年9月の発売以来、ぐんぐんと部数を伸ばし、現在20万部を突破しています。

 

第2位 「ひとまず上出来」
ジェーン・スー
文藝春秋

コラムニスト・ラジオパーソナリティーのジェーン・スーさんの最新エッセイ。

「四十路、化粧が写真に写らないミステリー」「体をどうにかせんといかん」「執着するにも若さがいる」など、歳を重ねる中での試行錯誤を綴った50のエッセイを収録。

「明けない夜はないはずだ」と背中を撫でてくれるような一冊です。

 

 

第3位 「同志少女よ、敵を撃て」
逢坂冬馬
早川書房

アガサ・クリスティー賞大賞受賞のミステリー。

 

第4位 「英国建築の解剖図鑑」
マシュー・ライス(著)中島智章(監修)岡本由香子(訳)
エクスナレッジ

英国に1400年ほど前からあるという洗練されたデザインの建造物。
その建築スタイルを、温かみのあるイラストで読み解くビジュアルガイドです。

 

 

第5位 「夜が明ける」
西加奈子
新潮社

直木賞作家・西加奈子さんの最新作。

書店員さんが一番売りたい本を選ぶ「2022年本屋大賞」の候補作10作品にノミネートされています。

 

 

2022年本屋大賞候補作
「赤と青とエスキース」青山美智子
「硝子の塔の殺人」知念実希人
「黒牢城」米澤穂信
「残月記」小田雅久仁
「スモールワールズ」一穂ミチ
「正欲」朝井リョウ
「同志少女よ、敵を撃て」逢坂冬馬
「星を掬う」町田そのこ
「夜が明ける」西加奈子
「六人の嘘つきな大学生」浅倉秋成-大賞は4月6日発表です-

 

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「ぼくモグラ キツネ 馬」 チャーリー・マッケンジー(著)川村元気(訳) 飛鳥新社
第7位 「捜査線上の夕映え」 有栖川有栖 文藝春秋
第8位 「特許やぶりの女王  弁理士・大鳳未来」 南原詠 宝島社
第9位 「ミス・サンシャイン」 吉田修一 文藝春秋
第10位 「李王家の縁談」 林真理子 KADOKAWA

 

スポンサーリンク

今週の注目の一冊

「ミス・サンシャイン」吉田修一

 

芥川賞作家・吉田修一さんの最新作。

著者の吉田修一さんは、「悪人」や「横道世之介」で知られる日本を代表する作家。
最新作となる「ミス・サンシャイン」は、大学院生と80代の元女優が織りなす温かな青春小説。

映画芸術を学ぶ大学院生の岡田一心は、ゼミの教授に紹介され、昭和の大女優・和楽京子こと石田鈴の自宅で、荷物整理のアルバイトをすることになった。

ともに長崎出身の鈴と一心。
次第に打ち解けていく中で、一心は知ってしまう。
鈴の強さと優しさが生まれた理由を。

若くして国民的女優になったこと。
ハリウッド進出も果たしたこと。

そして、戦中・戦後をともに生きたかけがえのない親友の存在。
強さとは?
本当の美しさとは?

戦後を生き抜いた一人の女優の生きざまを描いた物語です。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2022年1月22日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事