β-カロテンの吸収率を最も上がる菜の花の食べ方は? 【お天気検定】
スポンサーリンク

β-カロテンの吸収率を最も上がる菜の花の食べ方は?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

β-カロテンの吸収率を最も上がる菜の花の食べ方は?

   -油でいためる
   -乾燥させる
   -昆布だしにつける

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -油でいためる

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【油でいためるとβ-カロテンの吸収率アップ】

菜の花には、ビタミンCがほうれん草の3倍以上、β-カロテンはピーマンの5倍あり、栄養価の優れた花です。
そのβ-カロテンは水分に溶けにくく、油に溶けやすいという性質があるので、油で炒めると吸収率が上がるそうです。
β-カロテンは体内で必要な量だけビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を保護したり、抗酸化作用があると言われています。

バランス良く食べたいですね。

β-カロテン
水分に溶けにくく油に溶けやすい性質
→菜の花を油でいためると吸収率が上がる
-1月21日のお天気ワンポイント-

現在、京都の積雪が10㎝です。
お昼ぐらいにかけて断続的に降りますので、新幹線の遅れなど、くれぐれもお気をつけください。

 

[きょうの中継先]

東京・六本木 テレビ朝日7階テラス

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
赤い子犬クリフォードが一晩で大きくなった原因は?
「ことば検定スマート」
大寒に「はなさく」とされるのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事