江戸時代、冬至に「ゆず湯」が好まれた理由の1つは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

江戸時代、冬至に「ゆず湯」が好まれた理由の1つは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

前回は、冬至が「一陽来復」といって大変縁起が良い日である話でした。

今年の冬至は、明日12月22日です。
伊勢神宮では、冬至の朝は大鳥居の真ん中から陽が昇るそうです。

冬至をはさんだ前後2ヶ月間だけ、大鳥居の中に陽が登ります。

 

冬至にお風呂に入れるものといえば「ゆず」です。
江戸時代には、すでに「ゆず湯」の習慣はあったようで、「ゆず」の強い香りが邪気を払うと考えられていたようです。
そして実はもう一つ、「ゆず湯」が好まれた理由があったと言われています。
それは何でしょうか?
きょうの問題

江戸時代、冬至に「ゆず湯」が好まれた理由の1つは?

   -融通がきく
   -災難を譲る
   -あなたと

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -融通がきく

 

 

 

【本日の  のボケは?】

「ゆず湯」ではなく「ウィズユー(with you)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【江戸時代、冬至に「ゆず湯」が好まれた理由の1つは?】

「ゆず」奈良時代に日本に伝わる

「ゆず」の原産は中国で、奈良時代ごろに日本に伝わったとみられています。

「桃栗三年柿八年」という言葉をご存知ですね。

実はこの言葉、続きがあります。

 

桃栗三年柿八年 柚は九年の花盛り
「柚は九年の花盛り」あるいは「柚は九年でなりさがる」など、いろいろなバージョンがあります。
「二十四の瞳」の作者である壷井栄さんは、この言葉が好きで、文学碑に「桃栗三年柿八年、柚の大馬鹿十八年」と書かれています。
この馬鹿というのは、賢くないという意味ではなくて、実直で本当に時間をかけてじっくりと成長するという意味です。

「ゆず湯」の始まりは江戸時代

そして、冬至のお風呂に入れるようになったのは、江戸時代の湯屋が始まりだと言われています。
人気の理由は、その香りと江戸の人が大好きだった「しゃれ」にあります。
まず「冬至」を「風呂」にかけた「しゃれ」は、「湯治」です。

次に、「ゆず」はかけた「しゃれ」は「融通がきく」でした。

江戸時代は、年末にツケの清算をしたので、この時期は特にお金が必要だったのです。
金(かね)の「融通がきく」として、人気になったと言われています。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
ポインセチアの赤い部分は? 
「みんなのエンタメ検定」
西川貴教 "サンダーバード愛"CM撮影で勝手に何作った? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事