年賀状、正しい「元旦」の使い方は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

年賀状、正しい「元旦」の使い方は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今週は「年賀状のマナー」がテーマです。
年賀状には、賀詞とともに、縁起物のイラストを入れたり、受け取って楽しいものを書きたいものです。
そんな年賀状のなかで、書いておきたいのが日付です。そこで、今回は年号に続けて書く「元旦」の正しい書き方は次のどれかご存じですか?
きょうの問題

年賀状、正しい「元旦」の使い方は?

   -一月一日元旦
   -「元旦」だけ
   -私のチョコに歯形が

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -「元旦」だけ

 

【本日の  のボケは?】

「元旦」ではなく「噛んだん?」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【年賀状、正しい「元旦」の使い方は?】

年賀状で書くことの順番

本来年賀状では、書くことの順番が決まっています。

①賀詞・・・「謹賀新年」など
②旧年中のお礼
③近況・・・しばらく会っていない人に対して
④先方の幸せを願う
⑤新年の付き合いを願う
⑥日付

「元旦」は「元日の朝」という意味

最後に日付を書きますが、今回のポイントは、元旦の「旦」の字が一体何を表しているかです。

「旦」の字は、地平線から太陽が姿を現すさまをかたどった字と言われています。

ですからこの字は、そもそも「朝」という意味を含んでいます。

 

「元旦」は、「元日の朝」という意味を持つ言葉です。
ですから、「一月一日元旦」だと、一月一日を2回重ねてることになってしまいます。
年賀状の日付は、「令和4年元旦」のように、「元旦」だけでいいんです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
ショートケーキ、"ショート"の由来といわれているのは?
「みんなのエンタメ検定」
米倉涼子が驚いた野村萬斎の意外な特技は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事