「微妙」の本来の意味は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「微妙」の本来の意味は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

きょう9月1日は、「だじゃれの日」です。
9(ク)リエイティブ、かつ1(イ)ンパクトのある「だじゃれ」は、コミュニケーションを豊かにし、だじゃれが秘める無限の9(吸)1(引)力を生かして、世の中にす9(く)1(い)を届けたいという願いが込められているそうです。

 

和歌に掛詞があるように、日本人は古来「だじゃれ」が大好きです。
ただし、今は面白いものもだじゃれと言いますが、本来は、洒落の駄作が「だじゃれ」です。
そして「だじゃれ」によって、「微妙な空気になった」などと言う人もいますよね。

しかし、その「微妙」の本来の意味をご存知でしょうか?

 

きょうの問題

「微妙」の本来の意味は?

   -わからない
   -優れている
   -ほっぺが落ちる

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

 

   -優れている

 

【本日の  のボケは?】

「びみょう(微妙)」ではなく「びみよ(美味よ)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「微妙」の本来の意味は?】

「微妙」文化庁の調査では

文化庁の調査では、3分の2の人が、いいか悪いかの判断がつかないときに「微妙」を使うと答えています。

いいか悪いかの判断がつかないときに「微妙」と言う  66.2%

-文化庁 平成26年度「国語に関する世論調査」から-

この「微」には、"かすか"や"細かい"意味ですよね。
では、「妙」はどうでしょうか?
絶妙のタイミングといえば、"これ以上ないタイミング"ですし、"言い得て妙"という言葉もあるように、「妙」には"巧みなこと"の意味があります。

「微妙」もともと仏教の言葉

実は「微妙」は、もともと仏教の言葉なんです。

この「微」という字を、"細やかで奥深く、味わいがあること"の意味で使い、仏の教えを「微妙」と書いて「みみょう」と言うのです。
そこから、明治時代に「微妙」という言葉が生まれたようです。
ですから本来の意味は、"美しさや味わいがなんとも言えず優れているさま"なのです。
ということで、正解は「優れている」です。
さらに「微妙」は、"細かい所に複雑な意味や味が含まれていて、なんとも言い表しようのないさま"へと意味が広がり、現在はそのなんとも言い表しようのないという部分が、独り歩きする形で使われているようです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
乾パンのルーツは何時代にあるでしょう?
「みんなのエンタメ検定」
「科捜研の女」過去に犯人役で登場した人物は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事