林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

新聞の型の1つ、「タブロイド」の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

2月25日は、昭和44(1969)年に、関東・近畿を中心に売られている「夕刊フジ」が創刊された日です。

キャッチコピーは、「オレンジ色のニクいやつ」
創刊号の一面を飾ったのは、当時、参議院議員の石原慎太郎さんでした。
帰宅途中のサラリーマンをターゲットに、駅の売店で売られました。

 

通常の新聞よりも、読み物の要素が強く、日本で初めて通常の半ページ分の大きさのタブロイド版として売られました。
電車の中で読みやすいように、小型にしたのです。
そこで今日は、「タブロイド」とは何に由来する言葉か?という問題です。

 

ことば検定プラス 今日の問題

新聞の型の1つ、「タブロイド」の由来は?

 

【選択枝】
 大衆
 薬
 主婦たちのおしゃべり

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 薬

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「タブロイド」ではなく、井戸端会議のことで「たむろ井戸」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【新聞の型の1つ、「タブロイド」の由来は?】

タブロイドはラテン語の"平ら"イメージ

「タブロイド」は、英語で「tabloid」と綴ります。
これは、「tabl/oid」で切れる言葉で、後の「oid」は"~状のもの"という意味です。
一方、この前半部分の「tabl」の語源は、ラテン語で、"文字を刻む石板"を意味する(tabula)です。
この言葉には、"平ら"というイメージがあって、例えば、ケーブルの語源でもあります。
テーブルは平らですよね。

「タブロイド」は元々は錠剤の商品名

そして実は、タブロイドは19世紀後半に売り出された、ある平らなものの商品名として作られた言葉なんです。

その商品とは、粉薬を固めて平らにした錠剤でした。
この錠剤が、イギリスで広く普及したことから、タブロイドは錠剤のような小型のものに使われるようになり、小型の新聞も「タブロイド」と呼ばれるようになったのです。
そしてイギリスでは、タブロイド紙に娯楽性の強いものが多いため、"大衆紙"のことを指すようになりましたが、言葉の由来に「大衆」は関係ありません。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事