林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

江戸時代、多くの家に「南天」が植えられた理由は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日はもう2月24日。
「1月は行く 2月は逃げる 3月は去る」と言われますが、それにしても早いですね。

そして、もう少しで見ごろが終わりそうなのが「南天」です。

冬でも青々とした葉を持ち、鮮やかな赤い実をつける「南天」は、平安時代に中国から伝えられた縁起ものです。
乾燥させた実は、咳止めなどの生薬としても使われてきました

 

そして、江戸時代にはある理由により、多くの家に「寒天」が植えられていたと言われています。

ことば検定プラス 今日の問題

江戸時代、多くの家に「南天」が植えられた理由は?

 

【選択枝】
 火災を避ける
 薪に最適
 滑舌が悪すぎる

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 火災を避ける

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「南天」ではなく、「なんて?ん?」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【江戸時代、「南天」を多くの家が植えた理由は?】

「南天」が縁起物とされている理由

「南天」が縁起物とされている理由は、
まず、赤に魔よけの力があると考えられていたこと。

そして「南天」のように、冬も枯れない常緑樹は、生命力の象徴とされていたこと。

さらに「南天」は"難転"に通じ、"難を転じる"と考えられたことがあげられます。

江戸時代多くの家に南天が植えられた理由

そして、江戸時代、ほとんどの家に植えられていた最大の理由は、こんなふうに書かれてます。

植之庭中 可避火災 甚験

「和漢三才図会」(1712年)

これは、江戸時代の百科事典「和漢三才図会」なんですけれども、
「これを庭中に植えなば、火災を避くべく甚だ験あり」
火災を避けられる。
しかも、大変効果があるとまで書かれています。

実際には、火災を避けられることに根拠はないようですが、それだけ皆が、「南天」の力を信じていたということでしょう。

 

そして、赤飯には「南天」の葉が飾られますが、これは歯に殺菌効果があるためで、こちらはちゃんと根拠がある習慣なのです。

 

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事