ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「大根役者」大根のどんな性質に由来?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

「大根役者」大根のどんな性質に由来?

【選択枝】
 消化がよい
 おろすとからい
 ぬりかべかと思ったら

スポンサーリンク

本日の解答は

 消化がよい

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「大根役者」ではなく、「大こんにゃくじゃん」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「大根役者」大根のどんな性質に由来?】

「大根役者」という言葉は、江戸時代の歌舞伎から生まれた言葉とされています。

ちなみに、「大根役者」の逆の言葉は「千両役者」です。
1年に千両もの給金が取れるほどの役者のことですから、「千両役者」が出る舞台は大当たりになりやすいのです。

それに対し、下手な役者の舞台は、客が入らずなかなか当たりません。
そして大根は、"大根どきの医者いらず"という言葉があるほど、古くから体に良いとされてきました。

消化が良く、お腹の調子が悪くなることがない、つまり"めったに当たらない食べ物"なのです。

すなわち「大根役者」とは"当たらない役者"のことで、農林水産省のホームページでもこの説が載っています。

他に、大根の白さを「素人(しろうと)」の"しろ"とかけたという説がありますが、赤の選択肢の"おろすとからい"には関係ありません。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事