過去30年の台風 強い以上の上陸 割合が最も多いのは? 【お天気検定】
スポンサーリンク

過去30年の台風 強い以上の上陸 割合が最も多いのは?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

過去30年の台風 強い以上の上陸 割合が最も多いのは?

   -8月
   -9月
   -10月

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

 

   -10

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「強い」勢力以上の台風上陸 割合最多は10月】

過去30年間、上陸した台風で、強い勢力以上だった台風の割合です。

「強い勢力」以上で上陸した台風の割合(1991~2020年)
7月・・・39%
8月・・・44%
9月・・・58%
10月・・・89%


上陸数が多くなる8月は、50%を切るのですが、9月はおよそ6割、そして10月になると、なんと9割近くが上陸する台風が強い勢力以上ということです。

その最大の理由が、海面水温にあります。
8月と10月の海面水温の平年値を見てみると、10月の方が高いのです。
気温は8月が高いのですが、海面水温は少しタイムラグがあるのです。
海水温が日本列島間際まで高いということは、台風が勢力を落とさずにやってきますから、強い勢力以上で上陸する割合が多いということにつながるわけです。
-9月9日のお天気ワンポイント-

現在、六本木は雨が本格的に降っていますが、、午前中は東海地方、午後にかけては関東で、非常に激しい雨の降るおそれが出ています。

 

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
吉瀬美智子 母親役増えて新たに挑戦したい役は?
「ことば検定プラス」

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事