日本で「母の日」が広まったきっかけは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

日本で「母の日」が広まったきっかけは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今日は5月6日、あさって日曜日は「母の日」です。
5月の第2日曜日を「母の日」とするのは、アメリカで始まったものですが、100年以上前、母親を亡くしたアンナ・ジャービスさんという女性が、亡き母を偲んで、母親が好きだった白いカーネーションを5月に教会で配ったのがきっかけだといわれています。
アメリカでは、1914(大正3)年に5月の第2日曜日を正式に「母の日」に制定しました。
最初は日本では認知度は低かったようですが、あることをきっかけにだんだん広まったようです。
そこで今日は、日本で「母の日」が広まったきっかけは何かという問題です。

 

きょうの問題

日本で「母の日」が広まったきっかけは?

   -菓子会社の宣伝活動
   -アメリカ映画
   -転んで口の中が大変

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -菓子会社の宣伝活動

 

【本日の  のボケは?】

「母の日」ではなく「歯がポキッ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本で「母の日」が広まったきっかけは?】

 

「母の日」のカーネーション

「母の日」のカーネーションは、赤色がいいとされています。
アンナ・ジャービスさんが配ったカーネーションが白だったことから、亡くなった母には白を、健在の母には赤を贈るのが定番となったと言われています。
この習慣は、日本ではキリスト教の教会を中心に、大正時代の初め頃から行われるようになったみたいです。
ただし、当時はまだまだ一般の人には知られていませんでした。

「母の日」が広まったきっかけ

しかし、昭和12年5月当時の豊島園で「ありがとうお母さん母の日」と題したイベントに、なんと20万人ものお母さんが招待されました。
このイベントにお母さんたちを招待したのは「森永製菓」でした。
エンゼルマークで知られる森永の創業者・森永太一郎氏は、キリスト教徒だったそうです。
そこで、教会で行われていたお母さんに感謝する運動を広めようと、全国展開したのです。
そして、これが「母の日」の広まるきっかけとなりました。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
次のうち、農林水産省が野菜と定義しているのは? 
「みんなのエンタメ検定」
Mr.Children プロが選んだ名曲1位に選ばれたのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事