自然薯の中で最も粘りが強くなる部分は? 【お天気検定】
スポンサーリンク

自然薯の中で最も粘りが強くなる部分は?
「お天気検定」 -依田司-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「お天気検定」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

依田司気象予報士 お天気検定

 

お天気検定 今日の問題

自然薯の中で最も粘りが強くなる部分は?

 

【選択枝】
 地表に近い方
 真ん中
 地表から遠い方

スポンサーリンク

【お天気検定】本日の解答

 地表に近い方

 

「お天気検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

【今日の中継先】

東京・六本木 テレビ朝日7階テラス

 

スポンサーリンク

【お天気検定】依田司気象予報士の解説

【自然薯の中で最も粘りが強くなる地表に近い部分】


山口県農業試験場によりますと、この自然薯といいますのは、地中にどんどん伸びていきます。
ですから、地表から遠い部分は、細胞が新しく、この新しい細胞は粘りの成分も少ないということなんです。
逆に、地表に近い部分というのは、比較的細胞が古いですから、粘りが強く、風味も強くなるということなんです。
ちなみに、自然薯の先っぽの方は、新しい細胞ということで、白っぽい色をしていますが、上の方は茶色をしてます。
粘りの強いところについては、こういう色で見分けるのもいいかもしれませんね。
-3月2日のお天気ワンポイント-

今日の午前中は、春のような暖かさのところもありますが、お帰りの時間帯は極寒になります。
服装選びを間違えないようにお気をつけください。

 

前回の「お天気検定」

 

本日の出題

「ことば検定プラス」
「こじつけ」の由来は? 

「ニュース検定」
石巻市雄勝町の名産品は?

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事