英国 ガソリン車 新車販売いつまでに禁止? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

英国 ガソリン車 新車販売いつまでに禁止?
「ニュース検定」 -池上彰-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ニュース検定」の出題と解答を速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

英国 ガソリン車 新車販売いつまでに禁止?

 

【選択枝】
 2030年
 2035年
 2040年
スポンサーリンク

【ニュース検定】本日の解答

 2030年

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

【ニュース検定】池上彰さんの解説

特集 "気候変動"に挑む②
池上解説【ガソリン車禁止】

英2030年迄にガソリン車新車販売禁止


日本では、電気自動車の普及率はまだ1%未満です。
大半がガソリン車ですが、このガソリン車の立場が今悪くなっています。
世界的に、禁止の流れが加速しているからです。
その理由は、地球温暖化を防ぐためです。
ガソリン車やディーゼル車は、二酸化炭素などの温室効果ガスを出しています。
このため、世界的に販売禁止の動きが出ているのです。
イギリス政府は、2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止すると発表しました。
当初は、2040年までに禁止としていたのですが、2020年2月、2035年に前倒しし、さらに11月になって5年も早めたのです。
ジョンソン首相は、「野心的な目標でイギリス国民の生活が変わる」と述べていて、電気自動車を一気に普及させる考えです。

イギリス政府は、電気自動車の普及のため、路上や家庭で充電施設を整備する費用として、およそ1800億円の予算を投じます。
また、購入補助金としても、およそ800億円を充てています。
イギリスは、"グリーン産業革命"を打ち出していて、電気自動車や再生可能エネルギーを一気に促進し、国民の生活を変えようとしているのです。

世界各国でガソリン車禁止への動き

2030年まであと9年ですが、目標達成は簡単ではありません。
イギリスでは、新車販売の9割以上がガソリン車ディーゼル車だからです。
ただ、首都のロンドンでは、路上やスーパーの敷地内などで、充電スタンドが急速に増えています。
さらに、フランスやアメリカ、中国、そして日本も、ガソリン車禁止に乗り出していて、電気自動車への転換が一気に進む可能性も出てきています。
気候変動への対策として、待ったなしの政策なのです。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事