ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

宮城まり子さんはもともと何をしていた?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

宮城まり子さんはもともと何をしていた?

 

【選択枝】
 歌手や女優
 大学教授
 アナウンサー
スポンサーリンク

本日の解答

 歌手や女優

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
2020さよなら①【宮城まり子さん】

歌手や女優で活躍していた宮城まり子さん

宮城まり子さんは、50年以上前の1968年に"ねむの木学園"を作りました
日本で初めての、体が不自由な子どもたちのための養護施設です。
そもそも宮城さんはそれまで、歌手や女優として第一線で活躍していました。
ミュージカル女優としても、高い評価を受けていました。
にもかかわらず、30代の絶頂期に、宮城さんは自分のお金だけではなく借金までして、静岡県に学園を作ったのです。
役作りのために、障害のある子供たちの施設を訪れたことがきっかけでした。
そこで宮城さんは、子供たちが学校に行っていないことに、疑問を感じました。

ねむの木学園「ダメな子なんていない」

そして、障害のある子もない子も、教育を受けさせてあげたいと、学園建設に動いたのです。
学園では、美術や音楽、ダンスなど感性を養う教育に力をいれました。
たとえ言葉が不自由でも、絵や音楽などで思いを表現する喜びを教えました。
「駄目な子なんていない」という信念を持っていたのです。

宮城さんは、上皇后さまと40年以上にわたり親交を深めました。
上皇后さまは、2018年私的な旅行で上皇さまと一緒に、ねむの木学園を訪問されました。
東京でも、子どもたちの絵画展があると、足を運ばれました。
-宮城まり子さんの話-

(上皇后さまが)子どもの絵について、
小さい時の名前を1人ずつ読んで、
この気持ちは?とか、大変この絵は良いわねとか、
一人一人にお尋ねになってくださって、ありがたかったです。

宮城さんが大切にしていた言葉があります。
「やさしくね、やさしくね、やさしいことはつよいのよ」
宮城さんの93年の人生は、多くの人々の共感を呼びました。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題
「ことば検定プラス」
「お天気検定」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事