【本屋大賞受賞「52ヘルツのクジラたち」】本(文芸書)総合ランキングTOP10
スポンサーリンク

【王様のブランチ】本総合ランキング TOP10
-2021年5
月3日~9日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ブックファースト新宿店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。
スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「52ヘルツのクジラたち」
町田そのこ
中央公論新社

2021年本屋大賞受賞作品。
発行部数は41万部を突破しています。

 

 

第2位 「正欲」
朝井リョウ
新潮社

朝井リョウさんの10周年記念作品。

 

第3位 「あの日、こんなことを考えていた」
菅井友香
日経BP

櫻坂46・菅井友香さんのエッセイ。
昨年、欅坂46からグループ名を新たにスタートを切った櫻坂46。
2017年からキャプテンとしてグループを牽引してきた菅井さんが、改名時の葛藤や、櫻坂として前に進む決意など、率直な気持ちを綴っています。

「この子たちが今、困難を乗り越えて頑張っているんだから、自分も一歩踏み出してみるか」と思ってもらえるような"生き方"をちゃんと伝えられるグループでいたいなと思います。

 

 

第4位 「カード師」
中村文則
朝日新聞出版

芥川賞作家・中村文則さん最新作。

 

 

第5位 「白鳥とコウモリ
東野圭吾
幻冬舎

作家生活35周年を迎えた東野圭吾さん最新ミステリー。

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「日向坂46写真集 日向撮VOL.01」 講談社
第7位 「一度きりの大泉の話」 萩尾望都 河出書房新社
第8位 「東京ディストピア日記」 桜庭一樹 河出書房新社
第9位 「小説ゆうえんち-バキ外伝-3」 板垣恵介(原案)
夢枕獏(小説)
秋田書店
第10位 「臨床の砦」 夏川草介 小学館

 

第6~10位の中で注目の一冊

「東京ディストピア日記」桜庭一樹

直木賞作家の視点で綴ったコロナ禍の日記に注目。
「私の男」で直木賞を受賞した作家・桜庭一樹さんが、2020年1月から1年間にわたり、コロナ禍の東京で日々感じたことを日記形式で綴っています。

10月10日
散歩の途中に、酔いつぶれた人を介抱している男性を見かけた桜庭さん。
「優しい人だなぁ」と思う一方で、今の自分は「まあ、私には関係ない」と放っておくだろう。
もはや、誰かが困っていても想像力を働かせることなどなくなってきているのだ。
でも、わたしは、以前からそんな人間でしたか・・・?

と、長引くコロナ禍で心に余裕がなくなっていく自分への葛藤を明かしています。
今をどうとらえるべきか、本当に大切なものとは何かを問う一冊です。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年5月15日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事