池上彰さんのニュース検定 
スポンサーリンク

1970年発売されたトミカのミニカーは?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 -ニュース検定-

テレビ朝日系列で放送される朝の情報番組「グッド!モーニング」では、
「ことば検定プラス」「お天気検定」「ニュース検定」と3つの検定があって問題が出されます。
いずれも3者択一問題で、テレビのデーターボタン(dボタン)から簡単に参加できます。
正解、不正解でポイントを獲得することが出来て、貯めたポイント数に応じて、毎月のプレゼントに応募できます。
ここでは、池上彰さんが出題するニュース検定にスポットを当てて、検定の内容と結果について触れて行きます。

スポンサーリンク

池上彰さんの「ニュース検定」

 

「ニュース検定」今日の問題

【問題】
1970年発売されたトミカのミニカーは?

 

【選択枝】
 ブルーバード
 ポルシェ911
 セドリック
スポンサーリンク

本日の解答は

 ブルーバード

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

【トミカの戦略】

トミカの戦略 身近な国産車のミニカーとそのサイズ

トミカが発売されたのは1970年です。

当初は、"ブルーバード"、"コロナ"、"クラウン"などでした。
"クラウン"は今も続いていますが、消えていった車もあります。
いずれにしても、当時人気だった国産車です。

実はこの頃、ミニカーと言えば外国車や大型車が主流でした。
しかし、トミカは子どもたちに「身近な国産車のミニカーを届けたい」という思いから開発されたのです。

トミカは、ブルーバードやコロナといった"街でよく見かける国民に親しまれる車両"をミニカーにしました。

さらにそのサイズにもこだわりました。
子どもが遊びやすいように、手のひらにおさまる大きさにしたのです。

また価格が手ごろだったこともあり、トミカは発売当初から子どもたちの心をとらえました。

 

トミカの戦略 大人の心をつかむ

トミカはこれまでに約6億7000万台売れました。
すごいですよね。

世の中は少子化でおもちゃの売れ行きが低迷していますが、トミカは好調を維持しています。
支えているのは、子どもたちだけではありません。

トミカファン40代の男性の話

自分が子どものとき好きだったんですよ
大人になったから案外自分でも買えるようになって、100個くらい(持っている)

トミカファン50代の男性の話

子どもが小さい時から買っているので、
最近子どもは(トミカを)卒業しましたけど私が・・・
新しいのが次々出るのでついつい買っちゃう

現在店頭で売られているのは140種類ですが、実は毎月第3土曜日に2種類が登場し、2種類が姿を消しています。

つまり、年間24台の新車が登場することになるのです。
これが子どもたちだけでなく、大人たちの心もつかんでいます。

発売から50年がたち、親、子、そして孫と3世代で楽しむファンもいます。
それがロングセラーにつながっているのです。

 

前回のニュース検定

今月のプレゼント
A賞(120ポイント獲得で応募可能)
□衣類乾燥除湿機
B賞(60ポイント獲得で応募可能)
□ホットプレート
C賞(30ポイント獲得で応募可能)
□保温・保冷対応魔法瓶(500ml)

池上彰さんのニュース検定について
【出題】
出題時間は7時53分前後
池上彰さんが気になるニュースからクイズが出題されます。
出題した直後、CMをはさんで解答締め切りになります。
時間にして2~3分ほど考える時間となります。

【傾向と対策】
3つの選択肢から解答ですが、林修先生のクイズのようなボケの選択肢はありません。
ことば検定、お天気検定と比べて、難易度は高い傾向にあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事