由来が「パンに関係」する言葉は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

由来が「パンに関係」する言葉は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

 

昨日は、正岡子規が菓子パンが大好きだったということをご紹介しました。
子規は、日記「仰臥漫録」に菓子パンの絵も書いていたほどでした。
ところでも「ジャムパン」「クリームパン」「メロンパン」の中で、日本発祥のパンはどれでしょうか?
正解は、全部です。
「ジャムパン」は、「あんぱん」と同じ木村屋さんが明治33年に作ったものです。
そして「クリームパン」は新宿中村屋さんが明治31年に生み出したものです。
創業者が「シュークリーム」の美味しさに感動して作ったんだそうです。
そして「メロンパン」もいくつか説があるのですが、日本生まれだと言われています。

今日は、由来にパンが関係する言葉はどれかという問題です。

 

きょうの問題

由来が「パンに関係」する言葉は?

   -パンデミック
   -カンパニー
   -上野の双子見分ける

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -カンパニー

 

【本日の  のボケは?】

「パンが関係」ではなく「パンダ鑑定」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【由来が「パンが関係」しているのは?】

「パン」はポルトガル語由来

「パン」は、なんと今から6000年~8000年も前の古代メソポタミアには、既にパンの原型があったと言われています。
「パン」という言葉は、ポルトガル語由来です。
日本には、鉄砲伝来の頃に伝わったとされています。
ポルトガル語で「パン」は、” Pão”(パオン)というようですが、これはラテン語の"panis(パーニス)"に由来する言葉です。

「カンパニー」ラテン語が語源


そして、「カンパニー」も語源は、ラテン語の"compania(コンパーニア)"です。

"com"は"一緒に"という意味です。
"pania"は、「パン」を表す"panis(パーニス)"が変化した言葉だそうです。
そして"compania(コンパーニア)"は、"一緒にパンを食べるグループ"というという意味で、13世紀半ばに英語に取り入れられたんだそうです。
日本語にも「同じ釜の飯を食う」という似た意味の言葉がありますよね。
「カンパニー」は本来、"家族や仲間と一緒にやる仕事"というようなニュアンスの言葉だったのです。
一方「パンデミック」の「パン」はギリシャ語に由来して、"全ての"という意味ということで、食べ物の「パン」とは関係ないです。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
今年きのうまでに、本州で夏日になった場所は? 
「みんなのエンタメ検定」
TOKIO松岡昌宏 ドラム演奏撮影で恥ずかしかったのは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事