初期の万博で、評判だった展示物は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

初期の万博で、評判だった展示物は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

 

きょうは、3月16日。
前回までは、大阪万博についてでしたが、今日は世界に目を向けます。
世界初の万博は、1851年にイギリス・でロンドンで開催されました。
当時のイギリスは産業革命を経て、圧倒的な工業力を誇っていましたから、それを世界へ知らしめる良い機会と考えたんでしょうね。
当時のイギリスの人口は1800万人くらいでしたが、5ヶ月余りの開催期間中に、なんと総人口の3分の1にあたる600万人を超える入場者があり大成功でした。
そこで、他の国も開催するようになり、「万博」は世界的なイベントとして成長していきます。
今日は、初期の万博で評判となった展示物はどれかという問題です。

 

きょうの問題

初期の万博で、評判だった展示物は?

   -ミシン
   -家庭用掃除機
   -パーかグーか

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -ミシン

 

【本日の  のボケは?】

「初期の万博」ではなく「チョキの三択」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【初期の万博で、評判だった展示物は?】

初期の万博 金メダルなど表彰制度

初期の万博では、展示物に対して金メダルなどの表彰制度があったそうです。

受賞は、大きな宣伝となりました。

例えば、1855年のパリ万博では、およそ5万点のうち、金メダルは250余りと、かなり狭き門だったようです。

 

パリ万博(1855年)
展示物 約5万点
金メダルは252点(産業部門)

「ミシン」は万博の花形だった


そんな金メダルを複数受賞したジャンルが、「ミシン」です。
実は、「ミシン」は最初のロンドン万博から毎回のように複数出展されていました。
というのも、初期の万博が開かれていた19世紀に、「ミシン」はどんどん発達していたからです。
手回し式から足踏み式、さらに電動式へとその技術革新は、まさに万博の花形だったというわけです、
金メダルを複数取るほど、毎回評判となったようです。
一方の「家庭用掃除機」が商品化されたのは、20世紀初めのことで「ミシン」より少し後の時代です。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
テイキンザクラの"テイキン"、葉が何に似ているから?
「みんなのエンタメ検定」
ハライチ澤部 クレヨンしんちゃんへの憧れとは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事