日本初「サウナ」出来たきっかけは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

日本初「サウナ」出来たきっかけは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

きょう3月7日は、3(サ)ウ7(ナ)の語呂合わせで「サウナの日」です。
「サウナ」の発祥は、フィンランドです。
発音こそ少し違うようなんですけれども、「サウナ」は英語でもフランス語でも、アラビア語でも通じるそうです。
日本で「サウナ」の本格的な施設ができたのは、東京銀座で昭和32年のことだとされています。
そこで今日は、日本初の「サウナ」ができたきっかけに関係するものはどれでしょうか?という問題です。
きょうの問題

日本初「サウナ」出来たきっかけは?

   -ボクシング
   -オリンピック
   -とぼける

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -オリンピック

 

 

【本日の  のボケは?】

「サウナ」ではなく「さあな」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本初「サウナ」出来たきっかけは? 】

「サウナ」の発祥はフィンランド


「サウナ」の故郷・フィンランドは、人口およそ550万人の小さな国です。
この国が、20世紀前半に陸上の中・長距離で、世界を席巻しました。
コーレマイネンという選手が、オリンピック2大会で何と4つの金メダルを取ったのです。
そして、パーヴォ・ヌルミ選手は、
3大会で、それを上回る9個の金メダルを獲得したのです。
そして、1924年パリ大会で金メダル獲得数では、フィンランドはアメリカに次ぐ2位だったのです。
当然世界中から研究され、日本からも視察に行ったそうです。

日本初サウナ オリンピックきっかけ

視察に行った人が、そこで「サウナ」を見つけたのです。

もちろん、成績との因果関係ははっきりしないのですが、ただ、フィンランドはオリンピックの選手村にもスチームサウナを持ち込んでいたそうなんです。
そして、1956年メルボルン大会で、クレー射撃に出場していたある日本人選手がそれを見て、独自のやり方で日本で「サウナ」を始めることを思いついたそうです。
これが、日本初の本格的なサウナとされる施設です。
さらに、1964年の東京オリンピックで選手村に置かれたことから、日本での認知度が上がって、2年後にはフィンランドと同じ仕組みのサウナ施設がオープンしたそうです。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
一昨年と去年、東京のソメイヨシノ開花日は2年連続で?
「みんなのエンタメ検定」
「美 少年」佐藤龍我 電動自転車の残念なこととは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事