目上にふさわしい「賀詞」は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

目上にふさわしい「賀詞」は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今週のテーマは、年賀状のマナーです。
年賀状のあいさつのことを、「賀詞」といいます。
「賀詞」には、目上の方に出すときに、ふさわしいものとふさわしくないものがあります。
そこで、今回は目上に出すのにふさわしいが「賀詞」はどれでしょうかという問題です。
きょうの問題

目上にふさわしい「賀詞」は?

   -謹賀新年
   -頌春
   -まことちゃん

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -謹賀新年

 

【本日の  のボケは?】

「賀詞(がし)」ではなく「グワシ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【目上にふさわしい「賀詞」は?】

 

目上の方に送る場合の「賀詞」

目上の方に送る場合の「賀詞」で、大切なポイントは相手への敬意や丁寧さです。
中には、1文字の「賀詞」もあります。
有名なものとしては「壽」。
確かに、字としてはおめでたいのですが、相手への敬意は含まれていないです。
次に、「頌春」。
この「頌」は"ほめたたえる"という意味です。
"新しい年をほめたたえる"という意味で、これも相手への敬意は含まれていないです。

1文字や2文字の「賀詞」はNG

実は、1文字や2文字の「賀詞」は、目上に対してふさわしいとは言えないのです。
それに対して「謹賀新年」は、"謹んで新年をお祝い申し上げます"という意味になります。
この"謹む"に敬意が込められていますから、これは目上の方に出す場合に「賀詞」としてふさわしいです。
また「あけましておめでとうございます」という文章の「賀詞」は丁寧で、目上の方に対してもOKです。

 

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
"今年の漢字"に選ばれたことがある天気にまつわる字は?
「みんなのエンタメ検定」
田村淳 べた褒め「奇跡の1枚」で驚いた芸人は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事